●大文字納涼船合戦

(画像:「有頂天家族」公式Webサイトより)
©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

●キャスト
下鴨矢三郎:櫻井孝宏
下鴨矢一郎:諏訪部順一
下鴨矢二郎:吉野裕行
下鴨矢四郎:中原麻衣
弁天(鈴木聡美):能登麻美子
母:井上喜久子
下鴨総一郎:石原凡
海星:佐倉綾音
赤玉先生:梅津秀行
夷川早雲:飛田展男
金閣:西地修哉
銀閣:畠山航輔
淀川教授:樋口武彦
岩屋山金光坊:清川元夢

●ストーリー
下鴨神社、糺ノ森に暮らす下鴨家。狸界の頭領であった父・総一郎は、ある日何の前触れもなく狸鍋にされたのだが、その経緯は今も謎に包まれていた。 

残された四兄弟のなかでも偉大な父の「阿呆の血」を色濃く継いだ三男・矢三郎は、生真面目だが土壇場に弱い長兄・矢一郎、蛙の姿で井戸にこもっている次兄・矢二郎、臆病ですぐに尻尾を出す末弟・矢四郎、そしてタカラヅカ命の母に囲まれて、「面白きことは良きことなり」を身上に、それなりに楽しく暮らしている。

隠居中の大天狗・赤玉先生の世話を焼いたり、神通力を得た人間の美女・弁天に振り回されたり、はたまた五山送り火の夜空で宿敵・夷川家と空中決戦を繰り広げる日々の果てに、突如下鴨家を襲う絶体絶命の危機!父が鍋にされた真相が明らかになるなか、固い絆で結ばれた一家の運命はいかに!
●送り火見物
赤玉先生を奥座敷での送り火見物に誘う下鴨矢三郎。赤玉先生は毎度のように無愛想ながら、

赤玉先生「気が向いたら行くかもしれん、行かぬかもしれん。」

※赤玉先生的には出席したいという意味のようです。
●いざ納涼船へ!
習わしにより布袋様に化ける下鴨矢一郎ですが、化けるのが下手な下鴨矢四郎は化けるのに失敗して全裸!つまり、おち○ち○丸出しじゃないか!

下鴨矢三郎「馬鹿馬鹿しい。」

そして、母もいつものようにタカラヅカ風の男装でやってきます。

肝心の赤玉先生は…。いちいち奥座敷に入るのに面倒くさい小芝居をします。

奥座敷は酒を燃料として動く飛行船(納涼船)。茶釜に酒を注ぐと、

赤玉先生「茶釜に飲ませるなんて勿体無い!」
●思い出話
ライバル狸の夷川家も納涼船を出します。彼等の船には金閣・銀閣等も七福神に化けて中々本格的。以前、彼等の打ち上げ花火によって納涼船を撃墜されてしまいましたが、それを口に出さないのが暗黙のルール。

そこにやって来た淀川教授は天狗同士の諍いについて語り出します。

下鴨矢四郎「お父さんって、本当にすごかったんだね!」

それは下鴨総一郎の武勇伝。亡き父の武勇伝に心躍らせる下鴨矢四郎。しかしながら母の寂しそうな表情。彼が立派であればあるほど、彼の亡き後はその穴は大きいようです。
●花火合戦
赤玉先生「弁天!何故、儂の隣におらんのだ!?」

愛しの弁天が夷川家の納涼船に乗っている事に御立腹の赤玉先生。

しかも夷川家の打ち上げ花火が奥座敷に直撃!母も御立腹。

そこで漸く反撃をする下鴨矢三郎達。それらを別の場所に移動して高見の見物をする弁天!

あまりの馬鹿馬鹿しさに呆れる弁天ですが…。

※弁天は人間ですが、自在に空を飛べるのであまり影響はないようです。
●逃げの矢三郎
下鴨矢三郎が風神雷神の扇で舞うとつむじ風が!おかげで夷川家の納涼船は沈没するのですが…。実は、

奥座敷、燃料(酒)切れ!

しかも最後の酒も、

赤玉先生、飲み干す!

従って、燃料切れで奥座敷沈没!

※一応、母と下鴨矢四郎も無事だったようです。

更に下鴨矢三郎は風神雷神の扇を紛失してしまい、とんずらした彼は「逃げの矢三郎」という渾名を頂戴する始末。

「有頂天家族」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「有頂天家族」第3話「空飛ぶ奥座敷」(ネタばれ注意)
【アニメ】「有頂天家族」第2話「狸の母、雷に怯える!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「有頂天家族」第1話「金曜倶楽部の弁天」(ネタばれ注意)
【アニメ】「じょしらく」第7話「やんきいつきじなくそみそてくにっく」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「有頂天家族」TVアニメ公式Webサイト