オーブンの清掃性をさらにアップした!(写真は、「火加減マスター HT‐H300XTWF」)

写真拡大

日立アプライアンスは、火加減のむずかしい調理が簡単なIH「適温調理」対応レシピを100種類に拡充するとともに、「過熱水蒸気ビッグオーブン」による「ノンフライ」や、「パン」メニューを新たに採用した、IHクッキングヒーター「火加減マイスター」(HT‐H300T、H200T、H100T)シリーズ12機種を、2013年8月1日に発売する。

二重ガラス構造で安全にも配慮

左右のIHヒーターで「揚げ物」や「卵焼き」「炒め物」「焼き物」といった火加減のむずかしい調理が簡単にできて、省エネ効果もあるIH「適温調理」機能の対応レシピに、「天ぷら」や「ドーナツ」などの「揚げ物」レシピを20種類追加して合計で100レシピをそろえた。

また、オーブンの底面と左右の両側面にも手が届きやすい「3面・そこふけ〜る」を継続して採用。加えて、庫内壁面にこびりつく油汚れの除去を容易にするシリコンコーティングを施し清掃性を向上した。安全性に配慮し、オーブンのドア部分を二重ガラス構造にすることで、調理中の庫内の熱をドア表面に伝わりにくくした。

さらに、視認性の高いホワイト液晶を上面の表示部の一部に用いるなど使い勝手をアップするとともに、システムキッチンに調和する外観のハイクオリティーデザインを新たに採用する。

なお、機能やデザインが異なる「火加減マイスター」(HT‐H8T、H8)シリーズの計9機種も同日発売する。

希望小売価格は、35万700円〜45万450円。