<全英シニアオープン 最終日◇28日◇ロイヤルバークデールGC(7,082ヤード・パー70)>
 イングランドにあるロイヤルバークデールで開催された「全英シニアオープン」の最終日はベルンハルト・ランガー(ドイツ)とマーク・ウィーブ(米国)がトータル9アンダーで並びプレーオフに突入した。しかし、日没によりサスペンデッドとなり、決着は翌日に持ち越しとなった。
 日本勢は「全米プロシニア選手権」王者の井戸木鴻樹がトータル1オーバーの13位でフィニッシュ。友利勝良がトータル6オーバーの26位タイ、奥田靖己がトータル9オーバーの40位タイ、倉本昌弘はトータル15オーバーの61位タイでフィニッシュしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>