渋谷ヒカリエ館内が舞台に 9監督参加「ヒカリエイガ」再上映

写真拡大

 渋谷ヒカリエを舞台にした映画「ヒカリエイガ」が、渋谷のUPLINK FACTORYで8月10日と11日にわたって再上映される。同作は9人の映画監督が渋谷ヒカリエの各フロアを舞台に9つのドラマを描いたオムニバス作品。4月に行われた「渋谷真夜中の映画祭第一夜」で初公開され、話題を集めていた。

オムニバス映画「ヒカリエイガ」再上映の画像を拡大

 「ヒカリエイガ」は、オールナイト上映イベント「渋谷真夜中の映画祭第一夜」で、「映画祭が映画を作る」というテーマのもと初上映された。追加上映によって2日間で500人以上の来場者数を記録。新たに「渋谷の新しい映画文化を切り開く挑戦が始まる!」というテーマのもとUPLINK FACTORYで再登場する。

 「ヒカリエイガ」の9つのエピソードは、渋谷ヒカリエの朝と夜をテーマにした「プロローグ&エピローグ」から始まり、食品売場が舞台の「キラキラ」、待ち合わせ風景を描く「Lumière?」など、日常に潜むドラマが描かれる。各エピソードは「モバイルハウスのつくりかた」の本田孝義や「サヨナラ人魚」の加藤綾佳、「人のセックスを笑うな」の井口奈己ら9人の気鋭監督が制作し、各回の上映後には本田孝義監督の司会でミニライブやトークイベンが予定されている。

■UPLINK FACTORY
 http://www.uplink.co.jp/