ビジネスシューズもクールビズ 売上好調

写真拡大

 東京都心など各地で暑さが猛威を振るう今夏、クールビズ機能をもったビジネスシューズの売れ行きが好調だ。はるやま商事では4月1日から「クールビズ用ビジネスシューズ」を販売し、6月末までの売上は前年比140%で推移している。

クールビズ向けビジネスシューズ好調の画像を拡大

 東京都心では気温35度以上の猛暑日継続日数が7月10日に観測史上1位タイを記録し、またここ数日は湿度の高い日が続くなど、暑さに関する話題が連日取り上げられている。紳士服業界では、東日本大震災の影響による節電等を機にシャツやスーツなどのウェアを中心にクールビズ商材を強化しているが、今夏は、防菌・防臭加工、通気性に富んだビジネスシューズの売れ行きが目立っているようだ。

 はるやま商事が展開している「クールビズ用ビジネスシューズ」は、朝家を出てから帰宅するまで脱ぎ履きしないビジネスシューズも快適にしたいという顧客の要望を反映した商品。遮熱加工を施し未加工の製品と比較して靴内温度が約20度低い「遮熱エアーシューズ」のほか、臭いを抑える働きがある防菌・防臭加工済みの「ダブルエアーシューズ」と「エアーシューズ」の3種類を展開している。