韓国発ファッションタブロイド誌「HIGH CUT」日本上陸

写真拡大

 韓国で人気のファッションタブロイド誌「HIGH CUT(ハイカット)」が、日本人向けに総編集したムック誌「HIGH CUT JAPAN」になって日本に上陸した。第1弾は、東方神起のユンホをはじめとする旬な韓流スターが登場。小学館から発売される同誌は、年4回の発刊が予定されている。

韓国ファッション雑誌「HIGH CUT」日本上陸の画像を拡大

 韓国で2009年に創刊された「HIGH CUT」は、本国で1号あたり約10万部が発行されており、価格は700ウォン(日本円で約68円)。韓流スター達が多数登場するハイクオリティなタブロイド誌として定評を得ており、今回日本の女性ファンのラブコールに答えて上陸が決まったという。

 「HIGH CUT JAPAN」第1弾は、韓国では完売店が続出したという東方神起のユンホ特集にフィーチャーする他、俳優のソン・ジュンギやドラマ「宮」に出演していた女優ユン・ウネといった著名人が登場。発刊を記念して韓国版「HIGH CUT」の未収録カットを掲載した他、ファッションや美容法に関する記事やレッドカーペット、スクープといった芸能情報も扱っている。価格は1,260円(税込)。