男性は「おごりを頑なに拒む女性」をどう評価?→「合理的。でも6割くらいは出させて」(27歳)

写真拡大

恋人以外の男性と食事するとき、相手に「おごってあげる」と言われたら、女性としてはうれしい反面「もしかして、何か裏があるのでは……?」なんて、つい勘ぐってしまうことも。

こういった状況では、ある働く女性の

■なるべく借りはつくりたくないので、必ずお金を出すようにしています。(小売店/販売職・サービス系/5年目)

という意見に共感する女性は少なくない!? とくに対等な関係を築きたい場合、きっちりワリカンするほうがベターなのでしょうか。そして、男性には、このような女性の姿勢はどう映るもの? マイナビニュースの男性会員267名に意見を聞きました。

【それよりも、男性が「食事をおごったときに言われたいひと言」を見る⇒】

<回答>
この女性は問題ナシ 79.4%
この女性は問題アリ 20.6%

■「この女性は問題ナシ」と回答した男性の意見

・「おごろうとしていても、少しでも出す、また、出す姿勢を見せてくれるのはうれしい」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「払わせてくれるようになれば、『自分に心を許しつつあるんだ』という判断ができる」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「男としてはおごりたいと思うけれど、そういう意見もあっていいと思うし、そっちのほうが関係が長続きしそうなので、よいと思う」(27歳/不動産/一般事務)
・「少しでも出すと、きちんと出す気があるのだと感じることができるから」(27歳/金融・証券/専門職)
・「合理的で好感が持てる。ただし、6割くらいは出させて」(27歳/自動車関連/技術職)

■「この女性は問題アリ」と回答した男性の意見

・「別に貸し借りで食事に誘わないと思う」(35歳/医薬品・化粧品/技術職)
・「拒絶されているように感じる」(22歳/情報・IT/営業職)
・「むしろ、借りをつくってください(笑)」(40歳/不動産/専門職)
・「男はおごってあげることでいい気持ちになるので、おごるといわれたらお金は出さないで欲しい」(30歳/情報・IT/技術職)
・「そんなに気にしないでも大丈夫。それくらいで、貸しを作ったとも思っていないので。おごられるのも礼儀だと思います」(45歳/情報・IT/事務系専門職)

約8割の男性がワリカン希望の女性に好感触。お互いに負担し合う方が対等な関係を築けますし、長続きしそうですよね。ただ、毎回かたくなにおごりを拒むのは、かわいげがないのでNGのよう。相手の好意を素直に受け取ることも、マナーのひとつと言えますね。

※『マイナビニュース』にて2013年6月にwebアンケート。有効回答数267件

(OFFICE-SANGA)