写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ブリティッシュ・エアウェイズ(本社:英国ロンドン)は、同社にとって初となるエアバスA380を7月4日に受領。香港・ロサンゼルス線に加えて、新たにヨハネスブルグ線へ投入することを、7月24日に発表した。

○第3の路線はヨハネスブルグ

同社は既に、A380をロンドン発着で、9月24日からロサンゼルス線、10月22日から香港線に投入する計画を発表している。このほど発表されたヨハネスブルグ線は、2014年2月12日より運航を開始。現在、フライトの予約を受け付けている。

就航を記念して、同社は英国・マンストン=ケント国際空港の滑走路にて、世界最大の2階建てジェット旅客機であるA380を、3人のラグビー選手が引導するプロモーションを展開。366tにもなる機体の大きさをアピールした。なお、同プロモーションには、英国モデル・オブ・ザ・イヤーにも選ばれたトップモデル、ジョージア・メイ・ジャガーも参加した。