3人のSF作家が落語を書き下ろし―七代目月亭文都襲名記念で28日江戸披露

写真拡大 (全3枚)

落語家の月亭八天改メ七代目月亭文都が、SF作家が書き下ろした新作落語を演じるという、ちょっと変わった落語会「ハナシをノベル!!」のお江戸出張版を、7月28日お江戸日本橋亭(東京都中央区日本橋本町3-1-6 日本橋永谷ビル 1F)で開催する。開催は昼の部14時開演と夜の部18時開演の2回。

【関連:放送禁止の向こう側――初めての演芸場は危険な話題がいっぱい】


月亭文都の演目は全部で3つ予定されており全てがSF作家らによる書き下ろし。なお、当日は小説家らによる襲名披露口上も予定されている。

料金は当日3000円。前売り2500円。予約は「ハナシをノベル」PC予約フォーム(http://formmail.jp/00075580/)から申し込むことができる。

―演目

月亭文都「ガンジマン」(山田正紀作)
月亭文都「わあわあ言うております」(田中哲弥作)
月亭文都「がしんじょ長屋2013」(牧野修作)
三遊亭丈二「お楽しみ」
月亭天使「開口一番」

参考
日本SF作家クラブ http://sfwj50.jp/events/2013/07/4th-OedoDeHanashiWoNovel-20130728.html
月亭文都ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/hatten/
月亭文都Twitter https://twitter.com/LunarHatten