上戸彩演じる料理好きなお春が“包丁”で夫を支えていく/[c]2013「武士の献立」製作委員会

写真拡大

上戸彩が8年ぶりに主演を務めることで話題の映画『武士の献立』(12月14日公開)。料理の腕と味覚に優れた女性が、料理が苦手な“包丁侍”一家の跡取りを支えていくヒューマンドラマだ。この度、その特報映像が解禁となった。

【画像を見る】加賀料理を代表する食材も登場!

今回、上戸演じる料理上手の女性・お春が、魚や根菜を切るなど食事の下ごしらえをしている場面が公開。包丁使いが板についているほか、それを見つめる活き活きとした表情が印象的だ。また、高良健吾が演じる夫の舟木安信が鼻の下に白い粉をつけたり、眉間にシワを寄せながら、食材を切る姿にはクスリとさせられる。夫婦ふたりで食事を作るシーンも、穏やかな雰囲気に包まれ見るからに幸せそうだ。そのほか、白無垢姿で祝言の臨むお春の姿も登場する。

上戸は現在放送中の「半沢直樹」(TBS系)でも、料理が得意な妻役を好演。仕事に追われる夫を常に明るく迎え、どんな状況でも応援する姿は、見ていて微笑ましい。解禁された特報映像でもわかるように、本作ではそれを上回る“理想のお嫁さん”の上戸を見られそうだ。【Movie Walker】