「横浜中華街」のあちこちで大量に″唐辛子ストラップ″が売られているワケ

写真拡大

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべく「はまれぽ」[http://hamarepo.com/index.php]が体を張って調査!

今回のテーマは…

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

<横浜のココがキニナル!>
中華街のあちこちで唐辛子ストラップが売られているのが目立ちますが、このストラップのそもそもの由来や、なぜ中華街で広がったのかを調べて欲しいです。(ときさんのキニナル)

中国では、唐辛子は魔除け・厄除けとして用いられている。その根拠には、あの強烈な赤が太陽や火を意味し、悪鬼を焼き払うという説や、あの辛さが悪霊を追い払うという説など、さまざまなものがある。
 

ところで、近年、「唐辛子ストラップ ¥50」との張り紙が、中華街の至るところで見かけられるようになった。

唐辛子ストラップとは、ガラス製の唐辛子モチーフがくくりつけられたストラップである。

中華街を歩くと十数メートル間隔で販売されている印象だ。
 

中華街を頻繁に訪れる者にとって、大勢の観光客が唐辛子ストラップのワゴンを囲む光景は、至極日常的なものにも思われるかもしれない。

しかし、改めて観察すると、その販売スポットの多さは尋常ではない。

「これほどまでの人気は、一部の店舗の価格改定をきっかけに、ここ数年の間で築き上げられたのではないか」。そう分析するのは、香港路のお土産ショップ「安安」(山下町147)の店主、安田さんだ。
 

今回、横浜中華街に訪れる観光客を中心に広がっている唐辛子ストラップのブームについて取材した。

■お土産にしたくなる要素

唐辛子ストラップの唐辛子部分はガラス製で、ひもを通す穴は特に繊細な作りになっている。

「使っているうちに唐辛子の部分が取れてしまうことがあるんだけど、取れてしまったほうが、厄を落としたことになるので、縁起がいいんですよ」と、安田さん。

唐辛子の色は赤だけではなく、ピンクや緑、黒、青、さまざまだ。また、それぞれのストラップには、唐辛子のほかにサイコロや小銭、ヒョウタン、花など、何かしらのモチーフが組み合わせられていることが多い。

どうやら、唐辛子ストラップは、冒頭で述べた民間信仰の発端である「赤」にはこだわらず、さまざまな色を取り入れ、お守りとしての効果のほかに、風水的な効果をも有するように趣向が凝らされているようだ。

ストラップを所持する予定の人間のパーソナリティーにあわせて、(1)唐辛子の色、(2)ひもの色、(3)モチーフの種類、3つの組み合わせを導き出し、ピッタリのものを選ぶというシステムになっている。
 

組み合わせられているモチーフの種類も店舗によってさまざまだ。

サイコロであれば「振り出しに戻って、一からやり直せる」、お金や葉のモチーフであれば、「金運が高まる」、提灯のモチーフであれば、「足下を照らしてくれるから、人生で迷わない」など。持つべき人間が欲しているモチーフを選ぶことになる。
 

筆者の場合、生まれ年と生まれ月、それぞれから導き出された色がいずれも赤であった。

したがって、赤の唐辛子に、赤のストラップひも、さらに「実り」を意味するという、花のモチーフの組み合わせを選択してみた。

一店舗につき数百種類、中華街全体では数千種類はあると思われるストラップの中から、パーソナリティーにあわせた1本を選択できるという特別感が、お土産としての魅力の一つなのだろう。

さて、唐辛子ストラップが訪れる者を魅了するもう一つの要素は、何といっても手頃な価格だろう。

中華街を歩きまわると、デザイン性の高いものは1000円前後で販売している店舗も一部あったが、おおよその相場は50円前後であった。

「5年ほど前までは、だいたい300円くらいで販売していました。うちが50円に値下げしたことがきっかけになったのでしょうか・・・。直後から中華街の多くの店舗もどんどん値下げしていきましたね。その頃から、観光客を中心に、急激に人気が出てきたように思います」と、安田さん。

安田さんによると、300円から50円へ大幅に値下げしたのは、「修学旅行生でも気軽にお土産にできるような値段にしたかったから」とのこと。具体的な売上本数の変遷こそ伺うことはできなかったが、値下げ前と比較すると、日に数十倍の本数が売れているそうだ。

「競争により中華街全体における唐辛子ストラップの価格が下がり、そこに観光客が集まったことによってブームが作られたのでは」と分析する。

観光客はもちろん、中国へ帰省する中国人も実家の家族や友人のために購入するのだとか。なんでも、「中国で買うよりも安い」というから驚く。

■取材を終えて

今回の取材にあたり、さまざまな文献を開いたところ、唐辛子を魔除けや厄除けに用いる民間信仰が、世界各地に存在していることがわかった。

中国のみならず、アジアでは韓国、台湾、日本の一部地域。そのほか、ウズベキスタン、イタリアでも唐辛子が魔除けとして用いられているという。

ちなみに、イタリアでは、数百年前から「コルノ」と呼ばれる動物の角が、お守りとして用いられていたそうだ。

それが、南アメリカからチリペッパー(唐辛子)が輸入された際、その形状が「コルノ」を連想させたことから、それ以来、唐辛子がお守りとして定着した(「世界のお守り大全」より)。

中華街における唐辛子のモチーフを用いたストラップは、本来の魔除けの意味をやや離れ、お土産として演出されている部分も否めない。

もっとも、手頃な価格に加えて、一定の時間をかけて、自分や家族、友人などのために、ストラップを選ぶという過程がお土産としての価値を高めていること、さらに、「破損したほうが縁起がいい」というポジティブな設定が、民間信仰うんぬんを抜きにして、観光客を魅了しているのだろう。


横浜のディープな街ネタを毎日更新中!
ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべく「はまれぽ[http://hamarepo.com/index.php]が体を張って調査。

「横浜最強の激辛チャレンジメニューに挑戦!」「横浜で一番美味しい道草はどこの道草!?」など、横浜のマニアックな情報をお届けします!

こちらのレポートもどうぞ!
『全国花火大会特集2013』大会情報・穴場・裏ワザ・グルメガイド [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15785 ]
「夏フェス」特集2013 "裏ワザ・最新役立ち情報"まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15069 ]
ゆずの「夏色」に出てくる"長い長い下り坂"は本当に長いのか? 検証してみた! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16079 ]
横浜中華街で「栗を売っている屋台」がとても多いワケ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15184 ]
【横浜】TVドラマ「孤独のグルメ」にも登場! うますぎる"焼きそば店"の裏メニュー [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15854 ]