写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR西日本とジェイアール西日本不動産開発はこのほど、大阪環状線福島駅や東海道本線元町駅などの駅周辺にて、「高架下アート」を実施すると発表した。

この取組みは、高架下のシャッターや仮囲いパネルなどをキャンバスに見立てて絵を描くことで、高架下の暗く汚いイメージを払拭し、明るい街づくりに貢献しようとするもの。アートを制作する過程で、地域との交流や産官学の連携を図る目的もあるという。

すでに兵庫駅高架下にて、耐震補強工事のための仮囲いパネルをキャンバスに、「高架下アート」を実施している。プロのイラストレーターと地域の小学生125人が協働で制作し、7月16日に完成した。福島駅と元町駅の「高架下アート」は、これに続く第2弾・第3弾となる。

第2弾では、夜の人気飲食エリアである福島3区の高架下15店舗のシャッター(総延長50m)が「アート」の対象となり、大阪芸術大学が制作にあたる。8月10日から制作を始め、31日に完成予定。日中はシャッターが閉まっている飲食店ゾーンに、新たな昼間の顔を生み出す。

第3弾では、元町〜神戸駅間の元町高架通商店街13カ所の仮囲いパネルやシャッターがキャンバスに。「神戸2013ビエンナーレ」連携事業として、「モトコーを歩こう!」をテーマに地域の学生や作家らが制作を手がける。7月中旬から順次制作が始まり、完成は9月末の予定。

(佐々木康弘)