写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東海は夏季繁忙期にあたる8月1〜29日、新幹線「のぞみ」を上下合わせて33本(下り17本、上り16本)増発する。エクスプレス予約と全国のJRの駅のきっぷうりばなどで発売中。

初日の8月1日は、下り(東京発新大阪行)17時47分発「のぞみ393号」と20時40分発「のぞみ417号」を増発。5〜6日は上り(新大阪発東京行)のみ増発し、5日に7時47分発「のぞみ306号」、6日に16時56分発「のぞみ380号」が運行される。8日の増発は下りのみで、12時13分発「のぞみ345号」と14時20分発「のぞみ367号」の2本。

9日は、下りで7時13分発「のぞみ307号」・10時47分発「のぞみ333号」・11時13分発「のぞみ335号」・12時13分発「のぞみ345号」・13時13分発「のぞみ355号」・13時47分発「のぞみ363号」・14時13分発「のぞみ365号」・14時47分発「のぞみ373号」、15時47分発「のぞみ381号」の9本を追加。上りは14時10分発「のぞみ360号」・20時20分発「のぞみ404号」の2本を増発する。

11日は下りで8時23分発「のぞみ317号」・12時20分発「のぞみ347号」・13時23分発「のぞみ359号」を増発。19〜23日および27〜28日の増発はすべて上りのみで、朝と夜間を中心に1日1〜3本追加。臨時運転最終日の29日は、下り19時13分発「のぞみ403号」1本のみの増発となる。

(佐々木康弘)