写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都千代田区の日比谷公園テニスコート場となり陳列場で、「変化朝顔展示会」が行われる。日程は、7月28日〜8月3日が「変化朝顔&大輪朝顔 共催展示会」、8月23日〜8月25日が「変化朝顔展示会」。

○変化朝顔や大輪朝顔など一風変わった朝顔を展示

「変化朝顔」は江戸時代から現代まで愛好家の間に伝えられてきた「古典園芸植物」のひとつにあたる。貴重とされていたのが、八重咲きの朝顔や、花弁が反り返るなどの一風変わった花で、その後、大型の花を咲かせる品種へと流行が変化。20cmをこえる大輪の花をつける品種も現れたという。

同イベントは、変化朝顔と大輪朝顔の逸品が一堂に揃う朝顔展示会で、朝顔とは思えない珍しい形状の花や大輪の花などが展示される。時間は8時から12時まで。

なお、8月17日〜9月1日には、横浜市こども植物園の本館前広場で鉢花を展示する「江戸の贈り物 変化朝顔展」も予定しているという。

(OFFICE-SANGA)