(C)General Motors

写真拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年7月27日、ミッドサイズSUV「シボレー キャプティバ」の特別限定車「シボレー キャプティバ アドベンチャー」を50台限定で発売する。

「サイドステップ」標準装備

メーターパネル横に、パナソニック製のナビゲーションシステム「ストラーダ CN-R500D」を搭載。7V型ワイドVGAモニターやAVシステムなどを備え、地上デジタル、DVD、CDに対応している。また、乗り降りに便利な「サイドステップ」を標準装備とした。

エクステリアは、中央にボウタイエンブレムを持つデュアルポートグリルと、ボディーの四隅に19インチアルミホイールを配置した力強いスタイルが特長となっており、最大7人が乗れる室内空間(2?3?2の3列シート)を取り入れた。

エンジンは、可変バルブタイミング機構付き2.4リットル4気筒DOHCで、DSC(ドライバーシフトコントロール)付き6速オートマチックトランスミッションと組み合わせた。

メーカー希望小売価格は、「シボレー キャプティバ アドベンチャー」が375万円、レザーシートやシートヒーター、電動スライディングルーフを装備する「シボレー キャプティバ アドベンチャー ラグジュアリー」が410万円。