【うちの本棚】175回 グレートマジンガー/桜多吾作(原作・永井 豪)

写真拡大

桜多版グレートマジンガー-1「うちの本棚」、今回は桜多吾作版「マジンガーシリーズ」第二弾『グレートマジンガー』を取り上げます。朝日ソノラマの「サン・ワイド・コミックス」で全二巻で刊行されたもので、同じ作品の単行本の中でもレアなものになるかと思います。

【関連:174回 マジンガーZ/桜多吾作(原作・永井 豪)】

桜多版グレートマジンガー-1桜多版グレートマジンガー-2


本書はテレビアニメ『グレートマジンガー』の放映に合わせて、秋田書店の月刊誌「冒険王」に連載された作品で、初単行本化は、秋田書店の「サンデーコミックス」、のちに本書、その後、双葉社でも刊行されている。

ご承知のように永井 豪原作の『マジンガーZ』の続編という位置づけでアニメは制作され、本作品もその流れに沿って「マジンガーシリーズ第二弾」とされるわけだが、『マジンガーZ』後半で見せた桜多オリジナルの展開は連載開始から際立っている。とくに「非情な戦士」という剣 鉄也のキャラクターは第一話で強烈に印象づけられることになる。

また、グレートマジンガーのパートナーロボット、ビューナスAに搭乗する炎ジュンは、一、二話では普通の肌の色として描かれており、第三話で自分の肌の色をコンプレックスに感じているというエピソードが描かれることで、褐色に変更される(アニメ版でも永井 豪の初期設定では白人とのハーフだったということなので、桜多版はそれを踏襲していたのかもしれない)。

本作品で特に印象に残るのは、グレートマジンガーが量産されるというエピソードだろう。と同時に、どちらかいえば低年齢層向けの「冒険王」の読者にはちょっと難しいとも思えるハードな展開にストーリーは向いていく。ミケーネ帝国の魔手から世界を守っているはずのグレートマジンガー(剣 鉄也)や科学要塞研究所が、日本政府の裏切りともいえる行為でゲリラ活動せざるを得なくなるなど、後半はアニメの設定を元にした桜多吾作
オリジナル作品と言っていいものになっている。また『マジンガーZ』後半で登場したみさとが再登場しているが、その最期も衝撃的なものとなっている。

アニメ版では『マジンガーZ』の兜 甲児より、剣 鉄也は大人の雰囲気で描かれていたわけだが、桜多版は、多少年上という感覚はあるものの、アニメ版のイメージからすると幼く描かれている。これはジュンも同様だ。

本書第二巻の冒頭では、劇場公開された『グレートマジンガー対ゲッターロボ』のコミカライズ作品が収録されているが、こちらもアニメ版とは違った展開を楽しめる作品になっている。
 今回初出としてネットで確認した講談社「テレビマガジン増刊」としたものを記載したが、同誌では石川 賢によるコミカライズが掲載されていたと記憶しており、もしかしたら初出誌は違っているかもしれない。

ちなみに、桜多吾作は同じ『グレートマジンガー』を講談社の「おともだち」「ディズニーランド」にも連載していたようだが、こちらは単行本化されていないのではないだろうか。

初出:秋田書店「冒険王」1974年10月号〜1975年9月号、
   講談社「テレビマガジン増刊号」1975年4月15日

書 名/グレートマジンガー(全2巻)
著者名/桜多吾作
出版元/朝日ソノラマ
判 型/B6判
定 価/各690円
シリーズ名/サン・ワイド・コミックス
初版発行日/第1巻・昭和62年11月20日、第2巻・昭和62年12月21日
収録作品/グレートマジンガー

(文:猫目ユウ / http://suzukaze-ya.jimdo.com/