知育玩具「ミッキー& フレンズ へんしんドライブ! 知育ボックス」

写真拡大

タカラトミーは指先遊びのボックスからドライブ遊びへ簡単に変身する知育玩具「ミッキー& フレンズ へんしんドライブ! 知育ボックス」を販売している。一般社団法人「日本玩具協会」(東京・墨田区)が主催する「日本おもちゃ大賞2013」で、「エデュケーショナル・トイ部門」優秀賞を受賞した玩具だ。今までにはなかったアイデアとおもしろさや、8か月頃から3歳未満まで長く遊べる点などが評価された。

「指先遊び」だけでなく「ハンドル遊び」も

「成長に合わせて長く使える」をコンセプトに開発され、「知育ボックスモード」(箱型)から「ドライブ遊びモード」(乗り物型)に形を変えられる。「指先あそび」だけでなく、運転手になったつもりの「ハンドル遊び」もできる。「1歳の誕生日記念のプレゼントに最適」な製品として売り出す。

「知育ボックスモード」から「ドライブ遊びモード」への変身は、特別な工具は必要なく、手持ちのコインなどで簡単に組み替えられる。コインでロック穴を開け閉めして、最初から付いている「ダッシュボード」や「ドライブナビ」をセットするだけで完了だ。

いろいろな音声を収録しており、「知育ボックスモード」時にボタンを押すと、「大きな古時計」「ぶんぶんぶん」などの童謡や、ミッキーのキャラクター音声も流れる。「ドライブ遊びモード」時は、消防車やパトカー、救急車などのレスキューサイレンが鳴り、自動車の運転手になりきって遊べる。

2013年7月20日、発売された。希望小売価格は8379円。