ジョジョにドラゴンボール…“痛ネイルアート”のクオリティがスゴイ

 自家用車の車体にアニメキャラのイラストを描いた“痛車”――。今では、展示イベントが開催されるほど、メジャーなものになっています。

 さらに、痛スマホケースや痛チョコなど、様々な痛アイテムが生み出されている今、爪にイラストをあしらった“痛ネイル”なるものも登場して、密かに話題を呼んでいるらしいんです……! 

 痛ネイルの真相を探るべく筆者が向かったのは、オタクの聖地ど真ん中、ドン・キホーテ秋葉原店の1Fにある、痛ネイル専門店「痛color’s Yellow」。

 ドン・キホーテに入店してすぐ右手にある同店。2席というこじんまりとした店内は、ネイルサロン自体が初体験という私でも入りやすい、オープンな雰囲気です(笑)。

「もともとは、『color’s』渋谷店にいらっしゃるお客様からアニメキャラの絵をオーダーされることが増えてきたことが、痛ネイルをはじめるキッカケでした。そして、『アニメ好きな方や個性的なネイルをしたい人』が多いということがわかり、“痛ネイル”としてのオーダーを受けるようになったんです」(店長・鈴木さん)

 痛ネイルはお客さんの要望から生まれたんですね! 以来、ネイルサロン『color’s』の痛ネイルは注目を集め、2012年12月1日、ついに専門店「痛color’s Yellow」をオープン。現在は、地方や海外からもお客さんが訪れる人気店に。

「10分1000円の時間制ということもあり、試しに1本だけ……と、普段ネイルに行かない女性や、場所柄週に一人ほど男性客もいらっしゃいますよ」(店長・鈴木さん)

 鈴木さんいわく、一番思い出に残っているお客さんは、スーツからネクタイまで、全身エヴァンゲリオン仕様の男性が、10本の爪すべてに『エヴァ』のネイルをしていったことだとか! さすが秋葉原です。

 取材中、私のやってみたいオーラが伝わってしまったのか、「やってみます?」と、鈴木さんからお誘いが……! お言葉に甘えて、痛ネイルを初体験しちゃいました。

 まずは、爪のデザインを決めます。実は、この段階で普通のネイルサロンと痛ネイルに来るお客さんの違いがあるそう。

「普通のネイルサロンならば、サンプルからデザインを選んだりすることがほとんど。でも、痛ネイルのお客様は『こうしたい!』というイメージが明確な方が多いんです。10本すべてのデザインを考えて来てくれたり、『この爪はこのキャラで』と、爪の位置とキャラを考えてきてくれたりしますね」(鈴木さん)

 やっぱりこだわり派が多いんですね! さすがです。

 相談の結果、現在筆者がドハマリ中の『進撃の巨人』に登場する、“超大型巨人”を親指に宿すことに! 爪の中でもあの迫力は保てるのか……見ものです。 

 ついに施術開始。鈴木さんがごく細の筆で繊細に私の親指を彩っていきます。

 施術中のお客さんたちとのおしゃべりも、この場所ならではの内容だそうで……。

「爪に描こうってくらいだから、みなさん作品への思い入れが強いんですよね。描いてる最中に、作品の内容を教えてもらうんですよ。今までアニメは全然観なかったんですけど、お客さんにおすすめされたアニメを見るようになりました。自分の爪にアニメのキャラクターを描く日がくるとは思ってなかったですね(笑)」(鈴木さん)

 ネイルアート真っ最中ですが、これまでに「痛color’s Yellow」で生まれた痛ネイルの一部をご紹介!

●『ドラゴンボール』3Dネイル
⇒【画像】はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=24991

「ドラゴンボールがイクラの卵みたいでかわいいんですよ」という鈴木さんの発言に、妙に納得してしまうぷくぷくドラゴンボール!