デザイン源は自分?世界で1着の服作り体験「iff」デビュー

写真拡大

 ブランドが主役ではなく着る人が主役になる日本初のファッションブランド「iff -idea for fashion-(以下、iff)」が、7月20日の「Tシャツの日」にデビューした。Facebookの近況画像から色を抽出するなど自分の情報がデザイン源になる「PERSONAL T」、買った人がハサミやペンで手を加えてデザインが完成する 「ACTION T」、デザインを通じて人と人の絆をつなぐ「COMMUNICATION T」といった多彩なアイデアのTシャツを提案。公式サイトで自身のパーソナリティを取り入れてデザインされたTシャツは、渋谷のTシャツ制作ショップがインクジェットプリントで1枚ずつ仕上げて配送する。

新ブランド「iff」デビューの画像を拡大

 Tシャツ制作ショップ「ARTON(アートン)」と気鋭クリエイティブチーム「PLAY(プレイ)」のメンバーが「ファッションにアイデアを。」をテーマにスタートした「iff」は、これまでにないアイデアでファッションを楽しむことができる「着る人」にフォーカスした新ブランド。「PERSONAL T」は着る人の最近出会った色を判断し、パレットとグラデーション、ラインの3種類のデザインに落としこむLIFE COLOR T、名前や出身地、仕事、ペットの名前から「チョップ!」「全米震撼!」といった最強の必殺技キーワードを編み出すFIGHTER T、性別と誕生日から脳内単語をTシャツで表現するBRAIN Tが揃う。また、「ACTION T」には親子で1枚ずつ着ると柄が完成するMAMMY&CHILD Tやキリトリ線に合わせてハサミで好みの形にカットするCUT OFF T、自由に絵を描けるSKETCH T、ジャケットとコーディネートすると仕事にも使えるCOOLBIZ Tなどがある。価格は3,500円〜。

 全てのアイテムは、公式サイトで作成と購入が可能。「ARTON」で印刷後、7〜10日で手元に届くという。今後は、オリジナルのタイムテーブルをプリントする「FES T」など、イベントや企業とコラボレーションした試みも行っていく予定だ。

■iff -idea for fashion-
 http://ideaforfashion.jp/