ラフォーレ原宿バーゲン初日1700人行列 10分前倒し開店

写真拡大

 日本一遅くはじまるバーゲンとして恒例の「LAFORET GRAND BAZAR(ラフォーレ グランバザール)」が7月25日スタートした。混雑により、9時のオープン予定時刻から10分早め開店。29日までの5日間、「カラーまつり」など今回新たに実施するタイムセール含め様々なセール企画が予定されている。

ラフォーレ原宿のバーゲン初日レポートの画像を拡大

 「LAFORET GRAND BAZAR」は、他の商業施設よりもセール時期を遅らせ短いスケジュールで大幅に値引きする、ラフォーレ原宿恒例のビッグセール。昨年夏より1週間近く実施時期を遅くした今夏は、電車の始発ととも正面玄関前に人が並びはじめ、8時半頃から急速に伸びた列は8時50分頃にエントランス前を埋め尽くした。ラフォーレ原宿の公表によると、開店前に並んだ人数は約1,700名。開店後も続々と館内に人が流れ、地下1.5階の「Angelic Pretty(アンジェリック プリティ)」や3.5階の「l'atelier du savon(アトリエ ドゥ サボン)」、5階フロアを中心に混雑している。

 「LAFORET GRAND BAZAR」はタイムセール企画が目玉の一つで、今回は新企画として、トレンドのネオンカラーやその他のカラーアイテムを27日15時からさらに安くする「カラーまつり」や学生証を提示するとセール価格から10%オフになる土日限定の「学割」を実施。また開業35周年を記念し、35円、350円、3,500円、35,000円の均一タイムセールが26日の17時から行われる。初日は17時から「セット割」とウェア以外のアイテムが対象の「バラエティラフォーレ」を予定し、最終日には、セール商品がさらに値を下げる恒例の「爆発タイム!!」も実施する。

■ラフォーレ原宿
 http://www.laforet.ne.jp/