写真提供:マイナビニュース

写真拡大

秩父鉄道は埼玉県皆野町ならびに皆野町観光協会と共同で、人気漫画『のだめカンタービレ』原作者・二ノ宮知子さんの出身地である皆野町でコンサートを実施し、あわせてオリジナルフリーきっぷや記念入場券発売などを含む各種キャンペーンを行う。

オリジナルフリーきっぷは、夏休みなどに使用できる「秩父路遊々フリーきっぷ」で、1枚1,400円(大人用のみ)。秩父鉄道全線で1日乗降り自由となる。記念入場券は1枚160円。フリーきっぷ・入場券ともに、券面には『のだめカンタービレ』の登場人物などが描かれる。羽生、熊谷、寄居、皆野、秩父、御花畑の各駅窓口と、通販サイト「ちちてつe-shop」にて、8月24日まで発売される。

8月24日には、コンサート開催を記念し、SLパレオエクスプレスに特別ヘッドマークを掲出し、「SLのだめサマークラシック号」として運行する。当日、SLパレオエクスプレスの利用者には特別乗車記念証もプレゼント。これに関連して、熊谷駅発のSL自由席整理券とコンサートチケットのセット販売も行われる。セット価格は大人1,700円、小児1,300円。秩父鉄道企画部にて予約を受け付ける。

コンサート「のだめサマークラシック in 味噌蔵」は、埼玉県皆野町ヤマブ商店味噌蔵ホールにて、8月24日13時30分より開演。演奏者は「ensemble AMBIENCE(アンサンブルアンビエンス)」で、親子で楽しめるクラシック音楽がテーマ。チケット料金は大人前売り1,200円、当日1,500円、小児前売り800円、当日1,000円となる。

(佐々木康弘)