“金運”が舞い込む縁起物・5選!「金色の豚ちゃん@中国」「エケコ人形で願かけ@ボリビア」

写真拡大

幸運の招き猫や、福助人形など、幸せを呼ぶものとして古くから愛されてきた「縁起物」。恋愛成就、商売繁盛などを祈って、縁起物を自分の身近に置いている人は多いもの。でも、縁起物のことをもっとよく知れば、ご利益も確かなものに!? そこで今回は、多くの人の関心が高い“金運”を呼び込む縁起物を紹介します。

【わかってるけどやめられない。あなたはムダ遣いをやめられる人? 診断はこちら →】

■使用厳禁!? 「お金を呼び込むためのお金」

財布の中に古銭や小判、カエルや銭亀のモチーフなど、お金を象徴するアイテムを入れておくことで、財布にお金を呼び込むことができます。これは、お金には同類(=お金)を呼ぶ力があるからで、古銭だけでなく現行の紙幣でも同様の力を発揮します。まず、1万円紙幣を半紙などで包み、財布に入れておきしょう。この紙幣は「お金を呼び込むためのお金」なので、決して使わないように。あとは自然と財布にお金が集まってくるのを待つだけです。

■中国で富をもたらすと言われる「金色の豚ちゃん」

中国で金色の豚は、子孫繁栄・恋愛成就・富などの幸せを運ぶ縁起物として親しまれています。これが世界へ広がって、ヨーロッパでは富の象徴とされる1ユーロコインと合わさり、「ラッキーコインピッグ」という可愛らしいアイテムが生まれました。金色の豚の背に乗せられたコインに願いを込めることで、幸運・富をもたらしてくれるそうです。幸せを分かち合うパートナーにプレゼントしても良いかもしれませんね。

■「大漁旗」はリッチ、結婚、出産、米寿……オールマイティー!?

漁船が帰港する時に大漁を祝って掲げる「大漁旗」は、大きな富をもたらす縁起物だったのをご存じでしたか? 最近では、本来の用途以外にも、結婚・出産・米寿などのお祝い事や、プロ野球の応援道具なんかにも使われているんだとか。実に万能な大漁旗を部屋に飾れば、面白いくらい幸運が訪れる!? ちょっと海鮮居酒屋風の部屋になるかもしれませんが……。

■「もってる人」はあなたに幸運をもたらす? 消しゴムでもいいからもらっておこう!

お金持ちの人や何かとツイている人からもらった物を自分の部屋に飾ると良いそうです。運がいい人からもらった物には、当然良い運がくっついてきます。逆に運がない人からもらった物を飾ってしまうと運がダウン。運のある物を生活に取り込んでいくと、それだけで運が上昇します。身近に多少なりとも潤っている人がいたら、すかさず何か物をもらってみましょう。大がかりな物でなくても、消しゴムや髪留めピンでも何でもOKです。がっつきすぎると引かれてしまうので注意も必要です!

■本当に困ったら、ボリビアの「エケコ人形」で願がけ?

南米アンデス地方のボリビアに多く生息する動物リャマ。アンデス地方では、農耕から荷物運搬まで大変重宝されていて、リャマの人形(場合によってはリャマの胎児のミイラ)を飾ることで富がもたらされるといわれています。ボリビアの人々と同様に、リャマの人形を大切にすることができれば、あなたのもとにも幸せが訪れるはず。また、同じくアンデス地方のボリビアやペルーで有名なのが願掛け人形の「エケコ人形」。見た目は両手一杯広げたラテン系のおじさんで、自分が手に入れたい物のミニチュアを持たせることで、その入手を祈願するといわれています。もちろんお金でもOKです。

今回紹介した縁起物は、リャマのミイラ以外だと割と簡単に手に入るものばかり。ぜひ実践して、不景気なんて吹き飛ばしましょう! もし金運がアップしたら、あなたの縁起物を他の人にあげて、幸せをおすそ分けしてくださいね。

(宇野ゆみえ/サイドランチ)