ゆずの「夏色」に出てくる″長い長い下り坂″は本当に長いのか? 検証してみた!

写真拡大

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべく「はまれぽ」が体を張って調査!
今回のテーマは…

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

<横浜のココがキニナル!>
ゆずの「夏色」、サビで「この長い長い下り坂を〜」というくだりがあります。この坂にはモデルとなった坂があるそうですが、実際に自転車で下って本当に長いのか確かめてください。(kamekunさんのキニナル)

言わずと知れたゆずの1stシングルである「夏色」。1998(平成10)年6月の発売以来ロングヒットを続け、いまや「夏といえばこの曲」と言われるほど日本を代表する楽曲となっている。

また、2008(平成20)年から京急本線上大岡駅の駅メロディ(列車接近案内音)に使用されていることでも知られている。下りがAメロ、上りがサビだ。

この「夏色」のサビに登場する「長い長い下り坂」というのが、二人の地元・岡村にある坂をモデルとしていると言われている。ただ、具体的にどの坂であるか明言はされておらず、ファンの間でもいくつかの憶測を呼んでいるようだ。

はたして、長い長い下り坂とはどこなのか。そして、実際に自転車で下ったらどれくらい長いのか。岡村を訪ねた。

■「長い長い下り坂」最有力候補の「鬼坂」

ゆずの地元・岡村は「ゆずっ子」たちの聖地となり、いまも多くのファンが訪れているのは、過去にはまれぽ.comで掲載した「ゆずの『岡村ムラムラブギウギ』に登場する所は今どうなってるの?」でもご紹介した通り。

岡村は数々の楽曲のモチーフとなり、またPVやジャケットなどの撮影場所となった。以前、記事でもその歴史をご紹介した「横浜市三殿台考古館」もその一つである。
 

三殿台考古館は、アルバム「すみれ」のブックレット撮影が行われたことで知られる。その縁でゆずっ子たちも多く訪れ、考古館の職員も一人ひとり丁寧に対応している。取材に訪れた日も、多くのゆずっ子たちが話を聞きに来ていた。

考古館では、細い道が入り組んだ坂の多い街で迷わないよう、ゆかりのスポットが書かれた手作りの「ゆずマップ」を配るなどして、“聖地巡礼”のアドバイスも行っている。そこで、「夏色」のモデルとなった坂はどこなのか伺ってみた。

「実は、どこの坂かははっきりしていないんですよ。一番よく言われているのは『鬼坂』なんですが、岡村天満宮の前の坂という説もあったり、諸説あるというのが実際のところです」
 

「鬼坂」というのは、2011(平成23)年に閉学した県立外語短期大学の正門付近から、大岡川方面にのびる坂のこと。

2006(平成18)年に放送された特番で、ゆず自身が“「夏色」凱旋路上ライブ”と題してこっそりと演奏を行ったことから、「長い長い下り坂」の最有力候補としてファンの間に広まった。最近では、深夜のバラエティ番組で女性芸人が「PVに使われたデートスポット巡り」として訪れている。

■実際にゆっくりゆっくり下ってみた

では、「長い長い下り坂」候補としてもっとも可能性の高い「鬼坂」は、どれくらい長いのか。

実際に自転車に乗って検証することに。

坂の中でも特に傾斜のきついエリアを「鬼坂」と呼ぶようだが、今回は、傾斜のある県立外語短大の入口付近から、傾斜のほとんどなくなる地点までを測定することに。

ふもとの傾斜の緩やかな所まで、距離は305メートル。検証のため3度、同じ道をゆっくりゆっくり下ってみたところ、かかった時間の平均は5分15秒だった。

なお、もっとも傾斜のきつい部分の勾配はおよそ11度。過去に調査した「横浜で一番急な坂はどこ?」シリーズで登場した坂に比べると、そんなに急とはいえない坂だ(「磯子区・金沢区編」を参照)。
 

周辺にはいくつも坂があり、実際、「鬼坂」よりも長い坂も散見するが、傾斜がきつく自転車で上り下りする時にかなりの苦労を要する「鬼坂」は、その中でも特に「長いと感じる坂」であると表現してもいいのではないだろうか。

近くのバス停にいらっしゃった近所に住む70代の女性は、「坂はなるべく避けるようにしています。ちょっと上るのは無理ですよね」と話してくれた。

■取材を終えて

ちなみに、「夏色」のPVの中で自転車をこぐシーンで映っているのは、また別の坂。鎌倉にあるホテルの脇の道であると言われている。

そちらの坂の長さは279メートル。PVではブレーキをいっぱいに握りしめている様子はないが、一応いっぱいに握りしめて下ると、かかる時間は3回の平均値で6分18秒。傾斜が最大で7.5度程度なので、バランスさえ保てばかなりゆっくりゆっくり下ることができる。
 

今回、なにをもって「長い」となるのかよくわからなかったが、日常生活で坂を安全に上り下りする場合においては、モデル最有力候補の「鬼坂」は、それなりに「長い」と言っていいのではないだろうか。

ちょっと落ち込んだ気になるあの子の思いを聞いて、元気づけるためにどこかに連れて行くときには、印象に残るくらい「長い坂」と言えるだろう。


横浜のディープな街ネタを毎日更新中!
ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべく「はまれぽ」が体を張って調査。
「横浜最強の激辛チャレンジメニューに挑戦!」「横浜で一番美味しい道草はどこの道草!?」など、横浜のマニアックな情報をお届けします!

こちらのレポートもどうぞ!
『全国花火大会特集2013』大会情報・穴場・裏ワザ・グルメガイド [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15785 ]
「夏フェス」特集2013 "裏ワザ・最新役立ち情報"まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15069 ]
びっくりドンキー、ガスト、モスバーガー…このお店の名前の由来知ってた? 【外食産業編】 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12873 ]
横浜中華街で「栗を売っている屋台」がとても多いワケ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15184 ]
【横浜】TVドラマ「孤独のグルメ」にも登場! うますぎる"焼きそば店"の裏メニュー [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15854 ]