この先8月中で日経平均の安値は1万4000円、 そして高値は1万5500円まである理由をマル秘公開!

写真拡大

参院選後の重要な1カ月間において、日経平均はどのような動きとなるのか。証券会社3社のエースアナリストに、ファンダメンタルズの面から、高値&安値予測とその根拠を聞いた。

日本株の上昇基調が続くが、
チャイナリスクには注意

 「アベノミクス相場は終幕!」

 5月23日の急落以降、株価が乱高下を繰り返したことから、悲観論者は声高々にこう宣言した。しかし、6月13日に日経平均が1万2455円の安値をつけた後は、戻り基調が強まってきている。事実、今回登場の3人のプロはいずれも、ブレることなく上昇傾向が続くと判断している。

 まずは、3人それぞれの予想コメントと予測高値&安値を見て欲しい。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)