写真提供:マイナビニュース

写真拡大

じゃらんリサーチセンターはこのほど、2012年度(2012年4月〜2013年3月)における国内での宿泊旅行の実態について、全国1万5,487人の宿泊旅行者を対象に、「じゃらん宿泊旅行調査2013」を実施した。

○宿泊旅行実施率は前年度より減少

2012年4月1日〜2013年3月末の1年間に宿泊旅行を行った人の割合は55.8%。前年度(震災直後の1年間)57.6%、前々年度56.7%よりも低い結果となった。特に20〜34歳男性層の低下が目立つ(4.4ポイント低下)。また、1回あたりの宿泊数も減っており1.61泊。延べ宿泊旅行者泊数は前年度比で542万人泊減(前年度比2.3%減)の2億3,445万人泊となった。

次に、「延べ宿泊旅行者数(推計値)」の前年度比較を実施した。震災直後の上半期を除き、2013年3月単月の「延べ宿泊旅行者数」は過去5年で最高の件数となっている。月別「1回あたりの旅行費用(大人1人あたり)」では、前年度比較で7月、8月で各2800円増、12月3300円増と、繁忙期の旅行費用が大きく増加している。

○東京の宿泊旅行者数が5年ぶり増加

都道府県別の延べ宿泊旅行者数についての調査では、上位10都道府県の顔ぶれは、前年度と変化がなかった。しかし、震災直後は「西高東低」状況だったが、東日本勢の旅行者数(推計値)は全体的に増加しており、特に相次ぐ新スポット開業の影響か、東京都は206万人増えている。

宿泊旅行の同行形態について調べると、最も割合が高いのは「夫婦2人での旅行」(24.1%)だった。「職場やサークルなど団体旅行」は4.4%、「友人との旅行」は13.8%で、いずれも減少している。一方、「ひとり旅」は8年連続増加。特に男性が女性よりもひとり旅実施率が高く、35〜49歳男性は調査開始時点から8.6ポイントも上昇し、20.9%だった。

最後に、テーマ別に都道府県魅力度ランキングを作成したところ、「地元のおいしい食べ物が多い」「魅力のある特産品」「地元の人のホスピタリティを感じた」「大人が楽しめるスポット」などで、沖縄県が1位となった。沖縄県は「魅力ある宿泊施設」「子供が楽しめるスポット」でも2位にランクインしている。

(フォルサ)