「紅の豚」初のBlu-rayが好発進、ジブリ「風立ちぬ」公開で売上増も期待。

写真拡大

先週7月17日にBlu-ray Discとして初めて発売された宮崎駿監督アニメ「紅の豚」が、今週7月29日付けのオリコン週間Blu-ray Discランキングに初登場。発売初週0.9万枚を売り上げ、総合4位を獲得した。

「紅の豚」は1992年に公開されたスタジオジブリ作品。世界大恐慌時のイタリア・アドリア海を舞台に、飛行艇を乗り回す空賊(空中海賊)と、それを相手に賞金稼ぎで生きるブタの飛行艇乗りの物語が描かれている。「飛ばねぇ豚はただの豚だ」の名ゼリフと共に、公開から20年以上の時を経た今もなおファンの多い作品だ。

先週7月20日からは宮崎監督最新作「風立ちぬ」が劇場公開されており、今後の売上増が期待される。