キャメロン・ディアス、NY靴ブランドのアーティスティックディレクター就任

写真拡大

 Cameron Diaz(キャメロン・ディアス)が、フレンチテイストを反映したシューズやバッグを展開するブランド「Pour La Victoire(ポーラ・ラ・ビクトレー)」のアーティスティック・ディレクターに就任したと、ブランド側が7月23日(日本時間)に発表した。Cameron Diazが関わるファーストコレクションは、2014年春に発表が予定されている。

キャメロン・ディアスがディレクターにの画像を拡大

 「Pour La Victoire」は2008年設立。ニューヨークを拠点に、洗練されたパリの女性をイメージしたパンプスやブーツなどのシューズ類からトートやクラッチといったバッグ類、ウォレットまで、ファッションアクセサリーを主力に展開している。ニューヨーク5番街やシアトルのNordstrom(ノードストローム)などに店舗を構え、オンラインではAmazon.comやShopbop.com等に出店。2014年春以降は、Cameron Diazがデザインに関わったアイテムも並べられるようになる。