フランフランが選べるフレグランス発売 コスメキッチン協業ボディケアも

写真拡大

 「Francfranc(フランフラン)」から、新フレグランスコレクション「the fragrance bar(フレグランスバー)」が7月26日にデビューする。「Urban」「Floral」「Resort」「Oriental」「Neutral」「Scandal」の各テーマに沿った、ディフューザーやキャンドルなどを発売。また、「Cosme Kitchen(コスメキッチン)」を運営するマッシュビューティーラボが内容成分をプロデュースしたボディケアシリーズも展開される。

フランフランから新フレグランスの画像を拡大

 「the fragrance bar」は、香りをテイスティングしながらシチュエーションやマインドに合ったフレグランスを選べる新しいコレクション。ディフューザーやキャンドルのほか、アロマストーンやルームスプレー、ボトルポプリ、グラスポプリ等をそろえる。香りは、シンプルだが洗練された「Urban」、フレッシュな花々を彷彿させる「Floral」、海辺を感じさせる爽やかな「Resort」を展開。エキゾチックな香りを放つ「Oriental」、シンプルかつ良質な「Neutral」、セクシーさを演出する「Scandal」を含めた全6テーマのフレグランスを提案する。中心価格帯は1,500円〜3,500円。

 6つのテーマのうち、「Urban」「Floral」「Resort」の3つは香りを楽しむボディケア用品も販売。オーガニックハーブ配合で天然由来の成分と香料を使用した、バスソルト(2,300円、2,500円)とボディウォッシュ(2,300円、2,500円)、ハンドクリーム(2,100円、1,900円)をそろえる。