ノリタカタテハナ初の限定店が伊勢丹に 新スニーカーブランドデビュー

写真拡大

 デザイナー舘鼻則孝が手がける「NORITAKA TATEHANA(ノリタカ タテハナ)」の世界初のポップアップショップが、7月24日に伊勢丹新宿店にオープンする。同店では、舘鼻則孝とシューズディレクター北舘洋一郎によるスニーカーブランド「THE DAUGHTERS(ザ ドウターズ)」がデビュー。「NORITAKA TATEHANA」のオーダーを受け付ける31日から、店頭に「THE DAUGHTERS」も並ぶ予定だ。

ノリタカタテハナ世界初の限定店の画像を拡大

 完全受注生産でつくられる「NORITAKA TATEHANA」のシューズは、かかとのない厚底シューズで、Lady Gaga(レディー・ガガ)やDaphne Guinness(ダフネ・ギネス)が愛用していることで知られている。これまで海外や国内のトレーディングミュージアム・コム デ ギャルソンで数点を展示・販売してきたが、ポップアップショップとしての出店は初めて。アーカイブから新作まで約30点を展示するポップアップショップは2階のシューズフロアに出店。全5モデルがオーダーメイドで販売され、好みのスタイルやレザーカラー、エンボス模様、クリスタルなど、素材・仕様を選ぶことができる。価格は40万円から200万円(予定)。8月3日、10日は舘鼻則孝が店頭に立ち、オーダーを受けるという。(商品は12月初旬に伊勢丹新宿店に納品される予定)

 また、7月31日にデビューする「THE DAUGHTERS」を舘鼻則孝と手がける北舘洋一郎は、エア・ジョーダンやポンプ・フューリーなどのプロジェクトに携わり「世界のスニーカーカルチャーに影響を及ぼした50人」に選出された人物。デビューコレクションには、日本の伝統技法であるオーガニック藍染めで仕上げたインディゴレザーや、野球の硬式球に使用されているベースボールレザーなどをアッパーに使用している。展開はレディースとメンズ、全2型。