アクサダイレクト生命保険(以下アクサダイレクト生命)は22日、新キャッチフレーズ「ウェブホ」と題し、インターネット生命保険の特長をわかりやすく伝達し、ウェブホが現代のライフスタイルに合った保険選びの一助となることを、「保険は/ウェブホへ。」というメッセージで、各種メディア媒体を通じ発信を開始した。

「ウェブホ」とは"「ウェブ」で入る「ホ」ケン"の略で、ウェブ上で簡単に加入できるインターネット生命保険に対し、親しみを持ってもらおうと生まれたキャッチフレーズだという。

インターネット生命保険の特長を「ウェブホ」というキャッチフレーズを用いてわかりやすく伝えていくことで、複雑・高そう・時間がかかるといった保険選びへの従来のイメージを払拭し、ウェブホが現代のライフスタイルにおける保険選びの多様な選択肢の1つとして貢献することを目指していくとしている。

なお、「保険は/ウェブホへ。」のフレーズで登場する赤いラインは、AXAブランドの象徴である"スイッチ(ブランドロゴの赤い斜め線)"をモチーフにしていて、様々な「変化」を表現するアイコンとしてAXAグループ共通で使用されている。同フレーズでは、保険をあたらしく変換するという表現として用いているという。

○「ウェブホ」が表すインターネット生命保険の特長

・「シンプルな保険」わかりやすいシンプルな保険を、インターネットのみで申込むことが可能

・「保険料をスマートにする保険」人件費や運営コストを節約し、手ごろな保険料を実現

・「ムダな時間をとらせない保険」インターネット上で好きなときに申込み手続きをすることが可能

(金野和子)