岡村隆史

写真拡大

19日放送のTBSラジオ「志村けんの夜の虫」で、志村けんがギャグについての持論を展開した。

志村がギャグについて語ったのは、番組リスナーから「ギャグは考案してから、誰かの最終決断があって演じられるものなのか?」という質問があったため。「誰の許可もない」と答えたその後、出演者のダチョウ倶楽部・上島竜兵が「ギャグっていうか、師匠は流れの中で、ネタみたいな感じでつくりますからね」とコメントしたのを皮切りに、その考えを語った。

「ギャグっていうのは起承転結があって、これがあって、これがあって、こうなってこうなるから、これが一個のコントになるっていうのがOKなギャグ」「俺達は一発芸みたいなのはギャグって言わないんだよ」と自らの「ギャグの定義」を説明。志村の「アイーン」もギャグではなく、ドリフターズでは「流行りもん」と呼んでいたという。

「ギャグ」へのこだわりは強く、取材でカメラマンに「じゃあ一発、ギャグお願いします」と言われた際には怒りがわいてくるといい、それでも「アイーン」をやって見せると「ゆっくりやってください」とさらにリクエストされ、「馬鹿野郎、名前なんつーんだこのやろう?」と口に出してしまったことがあるほどだとか。流れの中で行わなければ、ギャグは意味がないと熱弁した。

また、ギャグへの認識だけにとどまらず、後輩芸人のギャグについても語っている。あるとき、志村はナインティナイン岡村隆史に「志村さんは、『バカ殿』あるし、『変なおじさん』あるし、『ひとみ婆さん』あるし…僕、何もないですね」と、ギャグがあることをうらやましがられたそうだ。

そんな岡村について志村は、「それで必ず人のパクってるだろ?」と別の芸人のギャグをやることが多いと指摘。その上で「基本的に、(『バカ殿』とかも)コントを作ってる中から出たキャラクターだから」「岡村もテレビ局の言ってることをやってないで、自分でナイナイで、5分でも10分でもいいからコントやれよと」「その中から、何かが出てくるんだよな。それを考えるのが嫌だから、みんなやらないんだよな」と、自分でギャグを生み出す努力をするべきとアドバイスした。

そうしてできたギャグは、継続することが重要なのだとか。志村はかつて、バラエティ番組「8時だョ!全員集合」(TBS系)の中で、童謡「七つの子」の歌詞の一部を「カラスの勝手でしょ?」と変えて歌うギャグを生み出したが、1年半ほど演じているうちに、ドリフターズのリーダー・いかりや長介から「もう、あれやらなくていいぞ」と指示をうけたという。しかし、一度やらなかっただけで視聴者から電話が殺到し、再開することに。結果「カラスの勝手でしょ?」はPTAが番組に「元の歌詞がわからなくなる」と苦情を寄せるほど流行した。

こういった経験を踏まえ、志村はお笑いコンビ・タカ&トシに「『欧米か!』飽きちゃって。でも、次(のギャグ)がもうないんですよね」と相談を受けた際には、「馬鹿野郎。お前が60になっても漫才で『欧米か!』ってやってなきゃダメだよ。必ずやらなきゃダメだよ1回は」とアドバイス。この教えを守り、タカ&トシは未だに「欧米か!」をやり続けているという。

かつて、裸に葉っぱ一枚の姿で踊る「はっぱ隊」というコントを行っていた、ウッチャンナンチャンの南原清隆にも「子どもの間で流行らせるコツ」を聞かれた志村は、「お前はそれ、子供にウケようとやってるんだろ?子供は媚びてる大人が一番嫌いなんだよ」「子供に合わせちゃダメなんだよ。自分で楽しいと思うやることをやると、子供はマネしたがるんだよ」とアドバイス。南原に態度を改めるよう説明したそうだ。

後輩からの相談が後を絶たたない志村。芸歴40年を超える志村だからこそ、ギャグ一つとっても計り知れないこだわりがあり、そこに後輩は惹かれるのだろう。

【関連記事】
志村けんと有吉弘行が、楽屋で微妙な空気に
【エンタがビタミン♪】志村けんの“バカ殿様”、姫には年齢制限あり!? いしのようこはアウト?
ナインティナイン岡村、DJポリスを絶賛する声に不快感 「全体的に気持ち悪い」
仕事激減のグラビアアイドル・小林恵美が「ヤフオク!」で食いつなぐ苦しい生活を公開

【関連情報】
志村けんの夜の虫 - 公式サイト