関越バス事故、運転手が無罪主張

ざっくり言うと

  • 群馬県の関越自動車道で昨年4月、乗客7人が死亡した高速ツアーバス事故
  • 運転手河野被告の初公判が23日、前橋地裁であった
  • 弁護側は被告がSASで「眠気がないまま睡眠に陥った」と無罪を主張した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング