写真提供:マイナビニュース

写真拡大

神奈川県にある商業施設「たまプラーザテラス」は、夏を楽しむためのイベント「テラスのなつやすみ〜絵日記プロジェクト〜」を7月20日より開始させた。8月21日までの計33日間、音楽ライブやワークショップ、映画上映会などの日替わりイベントを実施する。

○ビアガーデン、天体観測など、家族で楽しめる大型イベント

期間中の大型イベントとしては、家族で楽しめるセルフ型のビアガーデン「たまビア」(9月16日まで)や、プラネタリウムや屋外での映画上映会が楽しめる「スターライトフェスティバル」などが行われる。夏休みという期間だけあって、家族そろって参加できるイベントが多くなっている。

○テナントが主催するイベントもめじろ押し

同プロジェクトでは、たまプラーザテラスが主催するイベントだけではなく、テナント各社のイベントが行われる点も特徴だ。

八景島シーパラダイスが協力する「八景島シーパラダイスがやってくる!」では、海の生き物と触れ合えるプールが設置され、ペンギンたちと触れ合うことが可能だ。洋菓子店のベルグの4月が主催する「あったらいいな、こんなケーキ」では、ケーキにイラストを描くことができ、プレゼントがもらえるチャンスもあるという。

その他にも、毎日日替わりで楽しめるたくさんのイベントが数多く用意されている。