向後の7日株:短期的な値幅狙い!参院選与党圧勝で沸くカジノ関連株(761X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

コモンウェルス・エンター(7612)が今日の注目銘柄!

22日のマーケットでは、参院選で自公連立与党が圧勝したことで、成長戦略の一つであるカジノの解禁が進むとの思惑から、カジノ関連銘柄が物色されました。
カジノ合法化を目指している超党派の国際観光産業振興議員連盟は、自民党の細田博之幹事長代行が会長を務めています。

そこで、22日の株価上昇率は前日比44.12%増とトップで引け、22日終値98円での時価総額は37.59億円と軽量級で、値動きが軽い同社に注目します。

同社は、アミューズメント施設用メダルゲーム機への転用事業や、パチンコ・パチスロ遊技機における、タレント・アーティスト・アニメなどを使ったキャラクタービジネスの一環として様々な商品の企画・製造・販売、及び、版権管理や契約仲買業務などを展開しています。

5月27日に発表した14年3月期通期個別業績は、売上高は11億円(前期は13.91億円)、営業利益は2億円の赤字(同、2.2億円の赤字)、経常利益は2億円の赤字(同、2.2億円の赤字)、当期純利益は2億円の赤字(同、2.67億円の赤字)と、業績面で苦戦しています。
足元では、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在している点には、留意が必要です。しかし、現時点においては、短期的な値幅狙いであれば、緊急性を要するものではないとみています。

日足チャートをみると、22日の急騰により、4月30日につけた年初来高値108円は、すでに射程圏内となっています。
週足チャーチトでは、昨年12月14日の週につけた安値17円を底として、26週移動平均線(22日現在、47円)をサポートに堅調に推移しています。今後は、値動きの軽さと、テーマ性を背景に上値追いの展開になると想定しています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。