写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本航空(以下、JAL)は7月22日に、羽田空港内の工場見学施設「JAL工場見学〜SKY MUSEUM(スカイミュージアム)〜」をリニューアルオープンした。

○仕事紹介ブースを新設

新しいJAL工場見学では、1951年会社設立からの史料を初めて一般公開する。壁面には50メートルを超える大年表を展示し、JALの歩んできた歴史を年代ごとに分かりやすく紹介。皇室・特別フライト展示ブースでは、皇室フライトや、争乱時の救援チャーター便など、JALがこれまでに運航してきたフライトを展示している。

また、JALグループのフライトを支える運航乗務員や客室乗務員、航空整備士、空港スタッフ、グランドハンドリング・貨物スタッフの仕事紹介ブースを新たに設置。様々な体験コンテンツや各職種の必携アイテムなど、映像を見ながら学ぶことができる。

○JALグッズショップもリニューアル

新商品・サービスエリアでは、JALグループが提供している機内座席や機内食、機内サービスなどを紹介している。国際線・国内線で使用しているファーストクラスなどの実物座席もあり、一部座席は実際に座ることもできる。

その他、制服体験エリアやJALスタッフになることができるデジタルコンテンツの顔マッピングなど、子供のみならず大人も楽しめる展示が展開されている。また、施設リニューアルと同時に、JALグッズを購入できるショップもリニューアルされた。

場所は羽田空港JAL M1ビル(JALメインテナンスセンター 1)内(東京都大田区羽田空港3-5-2)。見学は毎日10:00〜、11:00〜、13:00〜、15:00〜と1日4回実施(年末年始を除く)。予約開始は見学日の6カ月前より可能で、1回につき1名〜100名対応している(修学旅行等の学校行事を除く)。

見学は小学生以上が対象(小学生は引率者の同行が必要。また、小学校1,2年の子供については、5名につき1名の割合で引率者の同行が必要)。予約は、JALホームページのJAL工場見学〜SKY MUSEUM〜より申し込みできる。