写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都千代田区丸の内の、新丸ビル7階「丸の内ハウス」で、高野山金剛峯寺から僧侶を招いての仏教イベント「高野山カフェ」in丸の内ハウス2013が開催される。開催日時は8月30日〜9月8日まで。

○オリジナル精進料理、精進スイーツが33種類も!

同イベントは、南海電鉄と高野山真言宗総本山金剛峯寺が共同で行うもので、高野山僧侶の直接指導による「写経」や、僧侶とのフリートークができる「僧侶と語らナイト・プラス」など、さまざまな催しが行われる。

「僧侶と語らナイト・プラス」は、「修行ってどんなことするの?」、「お坊さんは結婚できるの?」などの質問や悩みを相談できるなど、僧侶を相手にグループ形式で自由にトークを楽しめるコーナー。なお、サプライズゲストが登場する日もあるとのこと。

そのほか、鮮やかな刺繍が施された袈裟を身にまとった僧侶たちが集まり、仏典、お経に節をつけた仏教音楽のひとつ"声明(しょうみょう)を披露する"「声明ライブ」も開催。関連イベントとして、9月6日の19時〜20時30分まで、新丸の内ビル10階「エコッツェリア」で、高野山の瞑想法「阿字観」などが体験できるほか、港区高輪の高野山東京別院においても、9月3日、4日の19時〜20時30分まで、瞑想体験の企画を予定している。

「丸の内ハウス」内のレストラン全9店舗では、「精進プレート」や、「天然寒天を使ったマンゴーのブランマンジェココナッツアイスぞえ」、「酢豚もどき」など、オリジナルの精進料理や精進スイーツ全33品が登場。素材の味を活かした「お寺風グルメ」を味わうことができる。

(OFFICE-SANGA)