<FedexCupポイントランキング>
 メジャー第3戦目「全英オープン」終了時点でのFedexCupポイントランキングが発表された。同大会を初優勝したフィル・ミケルソン(米国)は、FedexCupポイント500ポイントを獲得、先週の4位から2位に浮上した。現在FedexCupポイントランキングトップのタイガー・ウッズ(米国)は、同大会を6位でフィニッシュし1位を堅守している。
 また、メジャー大会の同じ週に行われていた「サンダーソンファーム選手権」に参戦していた石川遼は、予選突破できず、先週の150位から153位と順位を落とした。
【FedexCupポイントランキング】
1位:タイガー・ウッズ(2,481pt)
2位:フィル・ミケルソン(2,118pt)
3位:マット・クーチャー(2,020pt)
4位:ブラント・スネデカー(1,678pt)
5位:ビリー・ホーシェル(1,459pt)
6位:ジャスティン・ローズ(1,358pt)
7位:ビル・ハース(1,320pt)
8位:ケビン・ストリールマン(1,260pt)
9位:ブー・ウィークリー(1,206pt)
10位:ジェイソン・デイ(1,182pt)
153位:石川遼(212pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
ミケルソン、初の全英制覇!「キャリアでベストのラウンドだった」
「全英オープン」初優勝のP・ミケルソン2位に!石川遼はランクダウン
松山英樹、生涯獲得賞金1億円突破!メジャー2戦連続トップ10日本人初
「全英オープン」の結果はここから!
各ツアーの賞金ランキング