<米国男子ツアー賞金ランキング>
 メジャー第3戦「全英オープン」終了時点での米国男子賞金ランキングが発表された。同大会を初優勝したフィル・ミケルソン(米国)が、優勝賞金1,442,826ドルを獲得し、4位から2位に浮上した。メジャー4勝を誇るミケルソンだが「全英オープン」と「全米オープン」には見放されてきた。今年も「全米オープン」では、単独首位で迎えた最終日に崩れ、またも2位に終わった。しかし、「全英オープン」では9位タイから大逆転で全英初制覇を遂げた。
 同大会を6位タイで終えたタイガー・ウッズ(米国)は首位を堅守。3位タイに入ったアダム・スコット(オーストラリア)は10位から8位へ浮上した。
 また、メジャー大会の裏で行われていた米国男子ツアー「サンダーソンファーム選手権」に参戦した石川遼は、予選通過できず、前回の145位から149位に順位を落としまった。
【米国男子ツアー賞金ランキング】
1位:タイガー・ウッズ($6,159,119)
2位:フィル・ミケルソン($4,860,810)
3位:マット・クーチャー($4,488,308)
4位:ブラント・スネデカー($3,821,911)
5位:ビリー・ホーシェル($3,048,787)
6位:ジャスティン・ローズ($3,032,310)
7位:ビル・ハース($2,902,296)
8位:アダム・スコット($2,799,847)
9位:ジェイソン・デイ($2,668,138)
10位:ケビン・ストリールマン($2,605,882)
149位:石川遼($324,815)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
ミケルソン、初の全英制覇!「キャリアでベストのラウンドだった」
タイガーとウェストウッド、遠いメジャータイトル
松山英樹、生涯獲得賞金1億円突破!メジャー2戦連続トップ10日本人初
「全英オープン」の結果はここから!
各ツアー賞金ランキング