●CHAPTER 01 イキキル 非日常編

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©Spike Chunsoft Co.,Ltd./希望ヶ峰学園映像部

<キャスト>
苗木誠:緒方恵美
舞園さやか:大本眞基子
桑田怜恩:櫻井孝宏
霧切響子:日笠陽子
十神白夜:石田彰
山田一二三:山口勝平
大和田紋土:中井和哉
腐川冬子:沢城みゆき
セレスティア・ルーデンベルク:椎名へきる
朝比奈葵:斎藤千和
石丸清多夏:鳥海浩輔
大神さくら:くじら
葉隠康比呂:松風雅也
江ノ島盾子:豊口めぐみ
不二咲千尋:宮田幸季
モノクマ:大山のぶ代
戦刃 むくろ:小原乃梨子

●ストーリー
卒業するだけで、人生の成功が約束されるという「私立 希望ヶ峰学園」。
だがこの学園に入ることができるのは、ごくごく限られた人々――
“超高校級”と呼ばれる、突出した才能を持つ生徒たちだけだった……。

そして今、この学園にひとりの少年が足を踏み入れようとしていた。
取り立てて特徴のない、ごく平凡な主人公・苗木誠。彼こそは、抽選によってただひとり入学を許された“超高校級”の幸運の持ち主だった。
自らの幸運と新しい環境に興奮を隠し切れない苗木。
しかしそんな彼を待っていたのは、想像だにしていなかった事態だった。

学園の門に足を踏み入れた途端に身体を走る衝撃。
そして次に誠が目を覚ましたとき、彼は14人の仲間たちとともに、封鎖された校舎に閉じ込められていることを知る。

さらに突然の状況に戸惑う苗木たちの前に現れたのは、学園長を名乗るモノクマ。
彼はこう告げる。「これからみなさんには一生、ここで暮らしていただきます。学園から卒業したければ、仲間を殺さなければなりません」と……。
●前回のあらすじ
舞園さやかが殺害された。殺害現場が苗木誠の個室という状況から、苗木誠が真っ先にクロ(殺害犯)と疑われていますが…。

モノクマ「僕も待ちくたびれたのでそろそろはじめますか!お待ちかねの学級裁判を!」

苗木誠はこのピンチを乗り切る事が出来るのでしょうか?
●学級裁判
苗木誠「ここが裁判場?」

その場所は16人分のスペースがあり、何故か1人分多いです。その事を霧切響子が確認すると、

モノクマ「深い意味は無いよ。最大16人収容可能な裁判場というだけ!」

学級裁判のスタート。

石丸清多夏「よし、みんなで目を閉じよう。犯人は挙手したまえ!」
大和田紋土「馬鹿野郎!そんな事するわけねえだろ!」


※流石にその通りです。

本題に入ります…。
●凶器
殺害に使われた凶器は腹部に刺さっていた包丁ですが、その包丁は厨房にあったもの。

朝比奈葵「でも苗木は包丁を持ち出せないよ!」

昨晩深夜、朝比奈葵と大神さくらは厨房で紅茶を飲んでいたとき、舞園さやかのみが厨房に入ってきたという事。となると容器の包丁を持ち出したのは被害者である舞園さやかということになります。

しかし、苗木誠の疑いはまだ晴れていません。
●シャワールームの鍵
シャワールームのドアノブが破壊されている形跡があります。これは苗木誠の部屋のドアノブに鍵がかかっていると勘違いした犯人がドアノブを壊したのですが、それは苗木誠の部屋のみシャワールームのドアの建て付けが悪かったため、犯人は内鍵をかけられたと勘違いしたのです。

しかも部屋のナンバープレートが入れ替わっていたため、犯人は苗木誠の部屋を舞園さやかの部屋だと勘違いしているという事になります。

朝比奈葵「犯人はどうやって舞園さやかの部屋に入ったのかな?」

確かに部屋に鍵がかかっているので部屋に入るためには扉を壊す(扉は壊れていないのでそれは無理です)か、中から鍵を開くしかありません。となると、

山田一二三「舞園さやかが自分から扉を開いた!」

しかも、霧切響子の調査で舞園さやかからお誘いのメモまで発見!

苗木誠「ナンバープレートを入れ替えたのは…、舞園さやか、さんだ。」

彼にとっては信じたくない事実です。

十神白夜「舞園さやかは誘いだした馬鹿を殺害しようとして、逆に反撃されてしまい殺害されたということだ!」
●ダイイングメッセージ
苗木誠「何か、何か、見落としているはずだ!このままだと終わってしまう。」
桑田怜恩「もう、新しい手がかりもないんだぜ。」

そこで閃いた苗木誠。舞園さやかの書いたダイイングメッセージ「11307」。この時点では意味が分かっていませんでしたが…。

苗木誠「その数字は犯人の名前だよ!」

つまり「11307」→反転させると「LEON」。つまり桑田怜恩が犯人という内容になります。
●超高校級の野球選手であるが故に
犯人は血の付いたYシャツを焼却炉で燃やそうとしたのですが、鉄格子の中にあるため葉隠康比呂がランドリールームに忘れてきた水晶玉を使い、焼却炉のスイッチを入れてYシャツを燃やしたのです。

※Yシャツの焼け残りと水晶玉の破片が決定的な証拠になります。

他の証拠として、シャワールームのドアノブを外すときに使用した工具セットが桑田怜恩の物だという点まで指摘されてしまい、

全員一致で桑田怜恩がクロ!
●おしおき
モノクマ「桑田怜恩君のおしおきをおこないます!」

彼は別室に連行され、鉄の棒によって拘束されたあげく、

千本ノック!

僅かな時間に放たれた無数の野球ボールによって彼は殴打され、ショック死します。

モノクマ「ヤッホー!エクストリーム!アドレナインが染みわたる!」

あまりの惨状に恐慌する一同。

モノクマ「これが嫌ならここでの一生を受け入れるんだね。それがお前等に出来るんならだけど。」

舞園さやかに裏切られた苗木誠に対して、慰めの言葉をかける霧切響子。それは彼にとって忘れる事が出来ない事実であり、それを乗り越える事を期待されているからでもあり…。

「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION」第2話「舞園さやか、死す!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION」第1話「どう見てもドラえもんです。本当にありがとうございました!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION」TVアニメ公式Webサイト
「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 THE ANIMATION」AT-X公式Webサイト