●とむらいの声

(画像:「幻影ヲ駆ケル太陽」公式Webサイトより)
©sole;viola/Progetto 幻影太陽

<キャスト>
太陽あかり:門脇舞以
星河せいら:喜多村英梨
月詠るな:徳井青空
白金ぎんか:巽 悠衣子
エティア・ヴィスコンティ:遠藤 綾
アリエル・ヴァルティエル・ウェストコット:井上喜久子
プリシラ・トワイライト:青木瑠璃子
メルティナ・メルヴィス:東山奈央
天道いつき/むつみ/ななせ:種敦美
ラプラス:堀井茶渡
シュレディンガー:井澤詩織
心崎冬菜:佐倉綾音
太陽ひなた:久川綾
永瀧の母:内野真生
リムロ:高橋未奈美
華夢:近藤浩徳

●ストーリー
占い師だった亡き母に憧れタロットカードに夢中な日々をおくる太陽あかり、12歳。伯父夫婦と従姉妹の4人で暮らす平穏な日常に、それはゆっくりと忍び寄る。

ある夜、就寝中のあかりを魔物が襲う。
苦しみもがく中、タロットカードが宙に舞い、あかりは異空間に入り込む。手に握られた剣、煌煌と輝く太陽のタロットカード。その瞬間、世界が真っ白になり……

……覚醒したあかりが連れて来られたのは、セフィロ・フィオーレというタロット使いたちの育成機関だった隊長のエティアと副長のアリエル率いる部隊で特訓を受けることになったあかりは、新人部隊の仲間たち、せいら、ぎんか、るなの4人のチームで活動を開始することに激しい闘いの日々の中で、少女たちは戸惑いながらも、自分の運命と向き合っていくが……
●太陽あかりの逃亡
魔物・ダエモニアの襲撃。太陽あかりは果敢にも戦いますが、心崎冬菜を殺してしまったときの光景がフラッシュバックしてしまい、動きが止まった瞬間に捕縛されてしまいます。

太陽あかり「このまま殺されても良い…。」

ダエモニアも元は人間だった。それが彼女の決意を躊躇させてしまっているようです。しかも、それが原因でダエモニアを逃がしてしまいます。

※太陽あかりはセフィロ・フィオーレを逃げ出してしまったのですが、プリシラ・トワイライトとメルティナ・メルヴィスが連れ戻しにきたわけですが…。

その結果、太陽あかりは地下牢に収監されてしまいます。
●地下牢
太陽あかりは地下牢でタロットカードを眺めながら、己の無力さを嘆きます。しかし、彼女は確かにダエモニアの助けを乞う声を聞いた、それは彼女にとって救いたいとは思っているのですがそれが出来なかった。

そんな彼女に対して、月詠るなは食事を持参する口実で地下牢へ向かいます。

月詠るな「私もこの牢に入った事があるの。」

月詠るなはセフィロ・フィオーレに来たばかりの頃、ダエモニアの戦いで躊躇してしまい戦えなかった。存在すら忘れられたダエモニアは殺すしかないのに…。

太陽あかりと月詠るな、この二人は共感する事も多いようです。

太陽あかり「私はもう忘れない、絶対に!」
●ダエモニアの声
太陽あかりはダエモニアの声を聞いた話をエティアとアリエルに話します。その場では信じてもらえなかったのですが…。

太陽あかり「戦いに参加します。私なりに答えを出します!」

彼女は地下牢からの出獄を許される事になりますが…、

星河せいら「次、戦えなかったら容赦しないぞ!」

そして、ダエモニアとの戦い。確かに太陽あかりはダエモニアの声を聞きます。

そのダエモニアの人間の時はごく普通の父親。彼は自分の子供を救えなかった事を悔い、そして何者かに別の子供を殺せば自分の子供を生き返らせる事が出来ると言われたようです。

しかし、太陽あかりはそのダエモニアを殺してしまった。そして、人々を救った。それが彼女にとっての答え。

太陽あかり「私はダエモニアの声を覚える!」

「幻影ヲ駆ケル太陽」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第2話「太陽あかりの負い目」(ネタばれ注意)
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第1話「太陽あかりの覚醒」(ネタばれ注意)
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第0話「魔法少女アニメなんですね!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「幻影ヲ駆ケル太陽」TVアニメ公式Webサイト