●ルウィーの兇行(ペロリスト)

(画像:「超次元ゲイム ネプテューヌ」公式Webサイトより)
© 2013 アイディアファクトリー・コンパイルハート/ネプテューヌ製作委員会

●キャスト
ネプテューヌ:田中理恵
ベール:佐藤利奈
ノワール:今井麻美
ブラン:阿澄佳奈
コンパ:酒井香奈子
アイエフ:植田佳奈
がすと:桑谷夏子
日本一:水橋かおり
5pb.:nao
RED:伊藤かな恵
イストワール:かないみか
マジェコンヌ:たかはし智秋
ワレチュー:二―コ
ネプギア:堀江由衣
ユニ:喜多村英梨
ロム:小倉唯
ラム:石原夏織
キセイジョウ・レイ:小林ゆう
アプネス:庄子裕衣

●ストーリー
ここは、ゲイムギョウ界。「女神」と呼ばれる存在が国を司る、現実とは異なる世界である。四人の女神が統治する四つの国家の名前は、プラネテューヌ、ラステイション、ルウィー、リーンボックス。

各国の間では、女神の力の源「シェア」をめぐる争いが、長年にわたって続けられてきた。しかし、互いの国力をいたずらに削る状況を危惧した女神たちは、シェアを武力で奪うことを禁じる「友好条約」を結ぶ。

友好条約のもと、新たな関係への一歩を踏み出す四人の女神たちと、その妹たち。ときに笑い合い、ときにぶつかり合い、ときに手を取り合う、カラフルな日々の幕が開ける。ゲイムギョウ界には、どんな明日が待っているのだろうか――。
●ルウィーへようこそ!
ネプギア「わぁ。綺麗な町。ルウィー、ずっと来たかったんだ!」
ネプテューヌ「ネプギアがそう言うと思ってさ。」


ロムとラムに誘われたルウィーの町にやってきたネプテューヌとネプギア。ちなみにぼっちのノワールとその妹・ユニ、その他ベールもやってきます。

ロムとラムは籠の鳥の箱入り娘、そしていたずら盛り。それゆえ姉・ブランの怒りを買う事もしばしば。

そんなロムとラムを遊園地に連れていく事になったネプテューヌ達。
●遊園地
遊園地。何処かで見た事があるようなアトラクションがあります(スー〇ーマ○オブラ〇ーズ?)。

※その亀、すごく…いやらしいです…。

ところがロムとラムは怪獣に捕えられてしまい、

怪獣「幼〇以外興味は無い!」

ネプテューヌは全く相手にされず、2人は怪獣に誘拐されてしまいます。
●アプネスちゃんねる
妹達を誘拐されて憔悴しきっているブランの元に突然現れたのは、

アグネス「みいつけた!私はアプネス、大人気TV番組アグネスちゃんねるの中継レポーターよ!」

無神経にブランに対してアプネスは興味本位の質問攻めを繰り返し、それをTV中継します。

義憤によって、その番組に割って入るネプテューヌですが、おかげで番組は中断。結果的に成功したと言えますが…。ブランは気力も尽きて倒れてしまいます。こうなると一刻も早くロムとラムを奪還するしかないですが…。

ベール「誘拐犯の場所を特定するしかないわ!」

その方法は少し前に稼働していた衛星ゲームシステムの衛星から画像を収集して分析するというもの。そのため誘拐犯の場所も特定出来たのですが、その場所は…。
●ブランの怒り
遊園地の建設中のアトラクション内。それが誘拐犯の隠れ場所。

そこでベールが身代わりになろうとするも、

怪獣「大きな胸の女に興味は無い!」

この発言にベールは激怒!そこで彼女は変身して怪獣に対して攻撃を仕掛けますが…。

ベール「あれ?ロムちゃんとラムちゃんは?」

ベールは怪獣ごと2人を吹き飛ばしてしまったようです。その怪獣のいる場所にやってきたブランも変身し、怒りに任せて怪獣を撃退します。

ブラン「妹達を危険な目に遭わせてしまって…。姉失格ね。」

しかし、ロムとラムはそんな姉を慕っています。彼女達にとってお互いに良き姉妹、そういう関係のようです。

「超次元ゲイム ネプテューヌ」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「超次元ゲイム ネプテューヌ」第1話「ネプテューヌ、修行に出ます!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ローゼンメイデン」第1話「トランクの中の姫君」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「超次元ゲイム ネプテューヌ」TVアニメ公式Webサイト