使いやすさがさらにアップ! プレミアムクラスのサイクロン式クリーナー(写真は、「CV‐SY7000」ルビーレッド)

写真拡大

日立アプライアンスは、ヘッドの後ろにあるゴミも引いたときに吸い込む、軽量&スリムな新形状ヘッド「スマートヘッド」のプレミアムクラスのサイクロン式クリーナー「2段ブーストサイクロン CV‐SY7000」を2013年7月20日に発売した。

業界トップクラスの低音

新たに開発した「スマートヘッド」は、ヘッドを押したとき、引いたときの両方とも効率よくごみを吸い込む「ダブル吸引機構」や、30センチのワイドなヘッド幅を採用し、素早くラクに掃除できる。

また、スリムな新形状デザインでヘッドの軽量化を実現。軽くて使いやすいヘッドとパイプ「カーボンライト」や、細くて軽く、しなやかなホース「スマートホース」を継続採用した。吸込仕事率470ワットの強力パワーを維持したまま、運転音は業界トップクラスの低騒音。加えて、国際電気標準会議の規格に準拠した測定で捕集率99.999%のきれいな排気を実現するとともに、吸込力99%以上を持続する。

色は、ルビーレッド、マグノリア。

このほか、サイクロン式クリーナーでは、小型ハイパワータイプの「2段ブーストサイクロン CV‐SY500」や、「ごみダッシュサイクロン CV‐SY20」などを8月24日に発売する。また紙パック式クリーナーでは、プレミアムクラスの「かるパック CV‐PY300」や、業界トップクラスの吸込仕事率670ワットを実現した「CV‐PY30」を同時発売する。

オープン価格。