写真提供:マイナビニュース

写真拡大

当連載で前にも書いたことがありますが、筆者は小学生の頃、3年間だけ和歌山県の紀勢本線沿線の町に住んでいました。ただし、その間も祖母が兵庫県内に住んでいたため、たまに戻ることがありました。当時の紀勢本線はまだ電化されていなくて、キハ28・58系の急行「きのくに」だと、地元の町から天王寺駅まで約2時間の旅でした。

○キハ28・58系の塗装は国鉄らしい品位を感じさせるものだった

キハ28・58系をはじめとするディーゼルカーは、電車とはまた違った風情がありました。蒸気機関車のような派手さはもちろんありませんが、「ガガガガ……」というエンジンの音、排気のにおい、そして鼓動をともないながらの加速。それらすべてが、「これから遠くへ旅立つんだ」という気持ちを大いに盛り上げていたような気がします。

「バラバラバラバラッ! ガガガッ! ガララララ! ゴワァーン!」という轟音とともに、ゆっくり動き出すディーゼルカー。4人がけのボックス席は、背中が垂直になりそうなくらい真四角な印象がありました。車窓の景色がゆっくり流れていき、窓辺にはお茶とお弁当と冷凍みかん。国鉄時代の鉄道旅行は、なんともいえないノスタルジーがありますね。

キハ28・58系といえば、朱色とクリーム色のツートンカラー。国鉄急行形ならではの塗装で、これもなかなかに良いものでした。「ブルドッグ」と呼ばれたキハ81系や、貫通扉の付いたキハ82系のような特急形気動車に比べると、高級感では劣るかもしれません。でもキハ28・58系のカラーもまた、国鉄らしい品位を感じさせるものだったと思います。

あと、電化されていない線路は当然、架線もないので、列車の写真を撮るときに邪魔にならない、というのもうれしいですね。架線からの電気で走るのではなく、自力で走れるというのもいいじゃないですか。もし仮に線路がなくても、「鉄の車輪でどこでも走ったるで!」的なガッツを感じさせるというか(走れへん走れへん!)。

○JR発足から四半世紀、国鉄時代の車両は少なくなる一方…

いま、大阪近辺で昔ながらのディーゼルカーを見かけることはほとんどなくなりました。智頭急行を経由して鳥取方面へ向かう「スーパーはくと」をはじめ、ディーゼルカー自体は走っていますが、これがじつにハイカラというか現代的な車両でして、シュッとしていて、あまりディーゼルカーという感じがしないんですよね。

数年前から、東海道・山陽本線でまた新たなディーゼルカーが走り始めました。キハ189系です。朝9時45分頃、武庫川の橋を高速で通過するディーゼルカーがいて、あまり乗客がいる様子もなく、「あの列車は一体何? 今度調べてみよう」と思ったのですが、そのままほったらかしになっていました。特急「はまかぜ1号」だったみたいです。

キハ28・58系も、この10年くらいでまったくと言っていいほど見かけなくなりました。たまに地方で見つけても、現代風の塗装に変更されていて、全盛期を知る筆者としては寂しい限りでした。この春に姿を消した183系(元485系)といい、国鉄色の車両は少なくなる一方ですね。まあ、JRになって四半世紀も経つのですから、むしろ「いままでよく残っていたな」と言うべきなのかもしれません。

日本の原風景には、やっぱり国鉄色の列車がよく似合うと思うんですけどね……。

(おじま あきら)