この日も7つ伸ばした表純子(撮影:福田文平)

写真拡大

<サマンサタバサレディース 2日目◇20日◇イーグルポイントGC(6,474ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「サマンサタバサレディース」の2日目。初日から試合をリードするベテラン、表純子がこの日もスコアを7つ伸ばす会心のゴルフでトータル16アンダー、2位に5打差をつけ単独首位の座を堅守した。なお、予選2日間で16アンダーは日本人選手の中では最少ストローク記録となる。
「サマンサタバサレディース」の2日目ををLIVE写真館で振り返る!
 今季2勝目が見えてきた。表は前半でスコアを4つ伸ばすと、後半も11番パー5でバーディが先行。14番でこの試合始めてのボギーを叩くが、「また頑張ろうと思いました。攻めなきゃいけないなと」、すぐに気持ちを切り替え上がり3ホールで圧巻の3連続バーディ締め。「パターが最後伸びて欲しいってときに伸びているんで、最後のひとコロがりが入っています」と気持ちの入ったパッティングでこの日もバーディを量産した。
 大差はつけたが「ここは皆伸びるんで、自分も伸ばさないと。後半はショットが曲がったので、明日は後半もしっかり振れるようにしたい」と気の緩みは一切無し。強い向上心を持ち、進化を続ける最年長シード選手が明日18番グリーンで大きくガッツポーズを決めるのはほぼ間違いないだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
堀奈津佳、スーパーモデルから力もらった!「感動しました」
片山晋呉がスタート、松山英樹は首位と5打差を追う 全英3日目
「全英オープン」の情報はここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング