『シャニダールの花』初日に万感の思いを語った綾野剛

写真拡大

石井岳龍監督最新作『シャニダールの花』の初日舞台挨拶が7月20日にテアトル新宿で開催され、綾野剛、刈谷友衣子、山下リオ、伊藤歩、古舘寛治、石井岳龍監督が登壇。綾野は「僕はまだ映画のことが全然分からないけれど」とじっくりと考えながら、「お客さんを選んでしまう印象を与えがちな作品ですが、この世界を体感していただけたことが本当に感慨深い。感謝の極みです」と力強く語った。

【写真を見る】両手に花!綾野剛が女優陣に囲まれ「男と女の距離」について語った

本作は、選ばれし少女たちだけの胸に咲いた謎の花“シャニダールの花”によって翻弄される男女を描いた物語。鬼才・石井監督にとって、7年もの歳月をかけて温め続けてきた入魂作だ。石井監督は「大嘘の話なので」と笑顔を見せ、「俳優さんの存在、感情表現がこの世界をリアルなものにしてくれる。キャスティングが重要だった。良き出演者に出会えて本当に嬉しかった。とても満足しています」と俳優陣を褒め称えた。

綾野が演じているのは、女性の胸に咲く花を研究している植物学者だ。胸に咲く花を観察するシーンが印象的だが、綾野は「丁寧に大切に扱うように、優しい感じで触れるようにした」と振り返る。すると、花を宿す女性役の刈谷は「距離が近かったです」、伊藤も「至近距離で観察しないといけないので、かなり近かったですね。大切にしなければ枯れてしまうような花だったので、心の中をのぞかれているような気がした。自分しか触っていないところを触られているような気がした」と照れ笑い。綾野は女性陣の言葉に「あれは、男と女の距離だったよね」と話し、会場の笑いを誘っていた。

個性派俳優の古舘は「俳優の表現者としての能動性を促してくれる素敵な監督。是非また、よろしくお願いします」と石井監督にラブコール。石井監督は「皆さんにずっと出てほしい。愛しています」とコメント。「今回の現場は静かだけれど緊張感のある現場だった。必死になってやった。俳優さんがかなり考えながらやってくれたので、安心して任せました」と周囲を見渡し、最後まで出演者に並々ならぬ信頼を寄せていた。【取材・文/成田おり枝】