もう1人の自分が命をねらいにくる!?写真は劇中に登場するバイロケーション人形/[c]2014「バイロケーション」製作委員会

写真拡大

2010年に第17回日本ホラー小説大賞の長編賞を受賞し、新感覚のホラーワールドを作りあげた若手ホラー作家・法条遥のデビュー作「バイロケーション」が、角川ホラー文庫20周年記念作品として映画化。水川あさみを主演に迎え、2014年1月18日(土)より全国公開となる。

世界中で実在が報告されている怪奇現象“バイロケーション”を題材に、自分と全く同じ姿形・個性を持った異物“バイロケ”が自分の人生に侵食してくる恐怖を描く、究極のサスペンス・ホラー。主演の水川あさみは、突如現れる“もう一人の自分”(=バイロケーション)に遭遇し、極限状態の中でバイロケに命をねらわれるという、1人2役の困難な役どころを演じる。

さらに、この度、第2弾となる豪華キャストが発表された。水川あさみ演じる高村忍と同じく、バイロケに命を脅かされ、自分たちを守るために「“バイロケーション”の会」に所属する大学生・御手洗巧役に、近年活躍が目覚ましい人気グループKis-My-Fit2より、映画初出演となる千賀健永。同じく「“バイロケーション”の会」に所属し顔を常にネックウォーマーで隠す謎の少年・加賀美榮役に、ジャニーズJr.の演技派・高田翔。

若手女流監督・安里麻里の演出のもと、7月初旬にクランクアップした本作。もう一人の自分が殺しに来るという斬新な設定、見る者を驚かす巧妙に張られた伏線、衝撃のラスト。「リング」「着信アリ」「黒い家」などで知られる角川ホラー文庫発の新感覚ホラー『バイロケーション』に、ぜひ期待したい。【Movie Walker】