<全英オープン 2日目◇19日◇ミュアフィールド(7,192ヤード・パー71)>
 スコットランドにあるミュアフィールドを舞台に開催中の海外メジャー「全英オープン」の2日目。初日を終えて20人いたアンダーパーの選手がわずか9人になり、予選カットラインは8オーバー。さらに硬くなったグリーンや読みにくい芝目、吹き付ける強風に多くの選手が苦しみスコアを崩す選手が続出した。
 そんな中、トータル3アンダー単独首位立ったのはミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)。1打差の2位タイグループにはこの日のベストスコアとなる“69”をマークしたリー・ウェストウッド(イングランド)や08年以来のメジャー制覇を狙うタイガー・ウッズ(米国)、さらにダスティン・ジョンソン(米国)やヘンリク・ステンソン(スウェーデン)など実力者が名前を連ねている。
 日本勢のトップは松山英樹。トータル2オーバーは首位とは5打差、明日からの決勝ラウンドで十分に上位進出を狙える位置で予選を突破した。日本勢ではその他、片山晋呉がトータル8オーバー70位タイでなんとか予選通過を果たしている。

【2日目の順位】
1位:ミゲル・アンヘル・ヒメネス(-3)
2位T:ヘンリク・ステンソン(-2)
2位T:リー・ウェストウッド(-2)
2位T:タイガー・ウッズ(-2)
2位T:ダスティン・ジョンソン(-2)
6位T:マーティン・レアード(-1)
6位T:ラファエル・カブレラ・ベロ(-1)
6位T:ザック・ジョンソン(-2)
6位T:アンヘル・カブレラ(-1)
10位:ライアン・ムーア(E)
20位T:松山英樹(+2)他3名
70位T:片山晋呉(+8)他14名
97位T:藤田寛之(+10)他11名
109位T:谷口徹(+11)他7名
127位T:久保谷健一(+13)他4名
140位T:丸山大輔(+15)他5名
147位T:井上信(+17)他1名
150位T:小平智(+19)他2名
<ゴルフ情報ALBA.Net>