写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マイナビは、人気の将棋ソフト「激指」ブランドの最新作となる『激指デラックス 名人戦道場』を2013年7月19日にリリースした。対応OSはWindows 8/7/Vista/XPで、価格は12,800円(税抜)。

『激指デラックス 名人戦道場』は、羽生善治・谷川浩司・森内俊之・佐藤康光・丸山忠久・加藤一二三という将棋界のスターたちと対局でき、本人が画像・音声で出演するという、従来のPC用将棋ソフトには存在しなかった一品。プロ棋士の全面協力が得られるマイナビだからこそ実現できた内容で、羽生三冠の「よろしくお願いします」や「参りました」の声が聞けるなど、ファンなら見逃せないソフトといえそうだ。

○豊富な機能で名人戦を堪能

「名人と七番勝負」は、激指シリーズ本編にある「女流と七番勝負」の超豪華版といえる対局メニュー。出演する6人の名人と七番勝負で競うという、名人戦七番勝負さながらの緊張感のある戦いが楽しめる。

「名人戦クロニクル」は、第1期からの名人戦を写真や背景とともに振り返る本ソフトのメインともいえるメニュー。当時の空気を堪能したあと、七番勝負の中から一局を紹介し、その中で次の一手問題が10問出題される。これらの問題に正解すると次の期に進み、名人戦の歴史を追体験できる。

「名人戦名局鑑賞」は、第1期から第70期の名人戦七番勝負の中から、特に歴史に残る名局を解説付きで紹介。大山の△8一玉、中原の▲5七銀、大内の▲7一角、加藤の▲3一銀……などなど、歴史に残る妙手、熱局を堪能できる。

「通常対局」は、ナンバリングタイトルの最新版『将棋レボリューション 激指12』と共通する対局メニュー。思考エンジンは市販ソフト最強の「激指」で、強さや制限時間、局面、棋風などを自由に設定して対局できる。強さは、七段+〜14級の28段階から選択可能となっている。

(C)2001-2013 Mynavi Corporation/Team Gekisashi

(C)毎日新聞社/朝日新聞社/日本将棋連盟