写真提供:マイナビニュース

写真拡大

夏の蒸し暑さが特徴的な京都では、人々は昔から、暑さをしのぐために知恵を絞りながら暮らしてきました。京都の伝統的な住まいである京町家には、そんな知恵と工夫がたくさん詰まっていると言います。京都在住のライターが、京町家の涼しさの“秘密”をお伝えします。

■京町家って、どんな家?

町家=「京都の古い家」というイメージは誰にでもあると思いますが、具体的にどんな家なのかよくわからない人も多いのでは?

厳密な基準や定義はないようですが、一般的に京町家とは、伝統的な軸組木造(柱や梁などの軸組で支える工法)で建てられた、間口が狭く奥に長い建物のことを指します。外側には、瓦屋根、表格子、虫籠窓、土壁などが、内部の間取りには、通り庭、続き間、坪庭などがあるのが特徴。原型ができたのは江戸時代中期と言われ、もともとは、通りに面して商いを行いながら、奥では生活を営む「職住一体」の居住スタイルが基本でした。

■住まいのあちこちに、風を通す工夫が

そもそも京町家は、通り沿いに密集して建てられており、両脇が隣家と接していたわけですから、環境的に決して恵まれていたわけではありません。しかしその分、建物の随所に、夏を過ごしやすくする工夫が凝らされています。主に以下のポイントが、町家の涼しさの“秘密”と言えるでしょう。

●表格子

町家の通りに面した表側は、「表格子」と呼ばれる格子戸になっています。通風をよくし、光を取り入れるほか、外から中を見えにくくするブラインドの役目も。

●虫籠窓(むしこまど)

中二階部分に作られた、格子状の窓。これも通風の役割を担っていました。

●庭

一つは「通り庭」。町家の表から奥までを貫く土間のことですが、この土間部分が、人の通り道であると同時に風の通り道に。また、建物の中に、「坪庭」(小さな庭)が設けられているのも町家の特徴。夏場には、この坪庭に打ち水をし、暑い表通りとの温度差をつくって風を呼び込みました。

●「すだれ」、「すど」などのインテリアの工夫

建物の造りや間取りだけでなく、室内の装いにも工夫が。夏になると「建具替え」と言って、襖や障子を、すだれや簾戸(すど。すだれをはめ込んだ建具のこと)に替え、風を通し、見た目の涼しさも演出していました。さらに床には、網代(あじろ)や藤筵(とむしろ)といった、天然素材で編んだ敷物が敷かれました。

■市内には、京町家の賃貸物件も

京町家は、建て替えられたり改装されたりしながらも、多くが伝統的な造りを保ったまま現存しています。京都市内には、町家の賃貸物件を扱う不動産屋もあるので、就職や転勤、入学などで京都に引っ越す人は、一度は町家に住んでみるのも面白いかもしれませんね。

当面は京都に住む予定はないという人でも、町家体験は可能です。京都には、町家を利用した宿泊施設や、レストランやカフェが数多くあるからです。京都の町家カフェには、夏場でも窓を開放して営業しているところも多く、自然の風の心地良さや、独特のしっとりした空気の中で、のんびりくつろぐことができます。京都旅行のついでに、気軽に町家体験をしてみるのもおすすめです。

参考/京都市景観・まちづくりセンターHP:

京都町家資料館(京都新聞):

文●本居佳菜子(エフスタイル)