写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日中の気温が体温を超えるような暑さが続く毎日……。外は暑いけれど、電車や建物内は冷房が強く効いていたりと、体温調節が難しい季節になりました。体調を無理なく良好に保つためには、美味しくて栄養のある料理を食すことは大切。そこで、地域に伝わる夏を元気に乗りきるためのご当地メニューについて、今回はめん類を調べてみました。

■ただ“冷たい”だけじゃない!「冷やしラーメン」 〜山形県山形市

コンビニエンスストアの棚で目にするようになった“冷たいラーメン”。冷やし中華とは異なるこの料理の発祥地は、山形県山形市。山形市は東北地方のせいか、涼しそうな印象ですが、実は盆地で夏は高温という地域。この冷やしラーメンも、常連客の提案から、お店の主人が研究し生まれたラーメンとのことです。店により具材は異なりますが、冷やしらしくキュウリが入っており、冬のラーメンとはまったく異なる顔を持っています。

■サッパリつるっと「ナスそうめん」 〜石川県金沢市、ほか

次にご紹介するのは、同じ麺でもそうめん。石川県金沢市ほか、北陸地方の家庭料理として愛されているこのメニューは、そうめんの上に素材としてナスを添えるのではなく、ナスを炒めてだし汁で煮たあとに、ゆでたそうめんをサッと入れて出来上がりというもの。温かいままでも、冷たくひやしても美味しい一品で、お好みで薬味としてすったショウガをのせます。食欲がないときでもサラっと食べられる食感が人気で、同様な料理は、三重県などでも伝えられているそうです。

■ピリっと辛い「味噌味やきそば」 〜岐阜県多治見市、ほか

香ばしい味噌で味付けされた焼きそばと、麺の上にのった半熟の目玉焼きが特徴の「たじみ焼きそば」。この焼きそばは、岐阜県多治見市のご当地B級グルメとして、人気を集めていますが、その誕生は、地元の家庭で作られていた味噌味焼きそばがベース。家庭では、定番のお肉、キャベツほか、アスパラなど旬の野菜を取り入れ、自宅にある味噌を利用して調理されているため、家庭により味は異なります。また上にのった半熟の目玉焼きと混ぜて食べることで、栄養価をあげるだけでなく、食欲増進の効果もあるようです。

ほかにも、「盛岡冷麺」など全国的に有名な夏メニューがたくさんあります。名産地に行かなくても、インターネットなどでお取り寄せできるご当地グルメもあるので、食欲が落ちてしまった日には、ぜひ食してみては?

文 櫻井綾乃(エフスタイル)